このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

浄化槽

2021年3月10日 更新

浄化槽とは

 し尿や生活雑排水などの汚水(生活排水)を微生物の力によって処理する装置です。同じような施設として下水道や農業集落排水施設などがありますが、これらの施設は各家庭からの生活排水を地下に埋め込んだ下水管を通じて集め、一括して処理する施設です。それに対して、浄化槽は各家庭などに個別に設置する施設です。個別に設置するため、下水道などの集合処理に比べ、迅速な水洗化が可能です。最近の浄化槽は、性能も向上し、適正に管理すれば悪臭もなく、下水道と同程度の水質まで汚水を浄化することができます。

 浄化槽には、し尿と生活雑排水を一緒に処理する「合併処理浄化槽」と、し尿のみを処理する「単独処理浄化槽」とがありますが、法律の改正により、現在では「単独処理浄化槽」の新たな設置は禁止されました。

  現在浄化槽といえば「合併処理浄化槽」を指し、「単独処理浄化槽」を「みなし浄化槽」と呼ぶこともあります。「単独処理浄化槽」はし尿の処理しか行わないので、生活排水の汚濁物質の7割近くを占める生活雑排水は最終的に河川に垂れ流しになってしまいます。

※「単独処理浄化槽」を設置しておられる方は、合併処理浄化槽に切り替えるか、下水道等の集合処理区域内であれば、速やかに下水道等に接続いただくようお願いします。

 

設置整備事業補助金

 町では合併処理浄化槽設置整備事業を推進しており、設置にあたっては、公共下水道事業認可区域及び農業集落排水事業区域以外の個人の専用住宅・店舗併用住宅の浄化槽設置者に予算の範囲内で補助金の交付を実施しております。
 家の新築等の際は事前に上下水道課下水道施設係まで確認ください。

 

人槽区分

補助金額

延べ床面積130平方メートル以下住宅(5人槽相当)

332,000円以内

延べ床面積130平方メートルを超える住宅(7人槽相当)

414,000円以内

台所及び浴室が2ヶ所以上二世帯住宅(10人槽相当)

548,000円以内

 

長野県合併処理浄化槽整備事業補助金交付要綱の改正により、補助金額は変動します。

 ・軽井沢町合併処理浄化槽設置整備事業補助金交付要綱(PDF/944KB)

 

各種申請用紙

 軽井沢町合併処理浄化槽設置整備事業補助金交付申請書(Word/14KB)

 ・軽井沢町合併処理浄化槽設置整備事業変更(中止・取消)(Word/12KB)

 ・軽井沢町合併処理浄化槽設置整備事業実績報告書(Word/13KB)

 ・軽井沢町合併処理浄化槽設置整備事業補助金請求書(Word/12KB)

 

維持管理について

 浄化槽管理者(設置者または使用者)は、浄化槽法に基づき、定期的に浄化槽の保守点検及び清掃を実施し、設置後(使用開始後3~8カ月の間)及び定期的(毎年)に指定検査機関の実施する検査(法定検査)を受けなければなりません。

 詳細については、「浄化槽を設置している皆さんへ(PDF/196KB)」をご覧ください。

 

下水道整備後の浄化槽について

 公共下水道が供用開始した区域内で、浄化槽を使用していた場合は、下水道法によりすみやかに接続する義務が生じます。(汲み取りトイレの場合は、3年間の猶予期間があります。)
 公共下水道に接続すると浄化槽は不用となりますので、撤去するか消毒して埋めていただき浄化槽使用廃止届出書(Word/17KB)の提出をお願いします。

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

上下水道課 下水道施設係
電話番号:0267-45-8592
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:jougesui(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。