このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

「ツキノワグマ出没注意報」発令中

2024年6月8日 登録

 県内でクマによる人身被害が相次いだことを受けて、県は「ツキノワグマ出没注意報」を全県に発令しました。

 

 当町でも、クマの目撃情報が寄せられております。この時期のクマは、えさを求めて活発に動き回ります。

 クマに出合わないためにも、次のことに注意してください。

 

クマに出合わないために

 朝夕の行動は避ける

  明け方と夕方はクマの活動が活発になります。この時間帯には、ヤブなど木々の面した

  場所や山に出掛けることは避けましょう。

  また、出来るだけ単独での行動は避けて、複数人で行動しましょう。

 

 〇クマのいる場所に近づかない

  山にはクマがいると思って行動しましょう。クマの足跡やフンを見つけたら、それ以上

  は近づかすに引き返しましょう。

 

 〇クマ鈴、ラジオ、笛を鳴らす

  クマとのばったり遭遇を防ぐためにもクマ鈴、ラジオ、笛など音の出る物を鳴らして人

  の存在を知らせましょう。

 

 〇クマを引き寄せない

  屋外に出したままの食料、ペットフード、生ごみに餌付いてしまうと、エサを求めてク

  マが建物の周辺を徘徊するようになり大変危険です。屋内やカギのかかる場所で保管し

  ましょう。ごみを出す際には、排出場所や排出時間を守りましょう。

 

 〇山に犬を連れて行かない

  犬がクマなど野生動物をみつけて吠えたてると、野生動物を興奮させてしまい危険で

  す。犬が吠える、唸るなど、いつもと様子が違うと感じたら、もと来た道を引き返しま

  しょう。

 

 〇子グマには近づかない

  子グマを見つけたら近くには必ず母グマがいます。子グマを守るために母グマが神経質

  になっているため、子グマには絶対に近づかないでください。

 

 

 長野県ホームページ

 https://www.pref.nagano.lg.jp/shinrin/happyou/20240605kuma_press.html



 クマ出没場所の情報は、軽井沢さるクマ情報 マップ で確認できます。
 http://www.thread.ne.jp/kta2/sarukuma.html

 

 

 

クマの目撃等の情報の連絡や問い合わせ

 NPO法人ピッキオ  電話:0267‐46‐3818 または 090-3585-9763

 環境課野生鳥獣対策係 電話:0267-45-8556

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?