このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

堀辰雄文学記念館 特別企画展(7月14日-12月27日) 

2022年8月24日 更新

 特別企画展「萩原朔太郎没後80年 萩原朔太郎と堀辰雄」

 堀辰雄は、第一高等学校時代に萩原朔太郎の第二詩集『青猫』(大正12年 新潮社)に出会いました。堀は、当時の回想として「私が人生への入り口で、このやうな詩集を知つて、それにあれほど夢中になつて自分を打ち込むことができたといふことは、随分いいことだつたとおもふ」(※)という言葉を残しています。
 大正14年、東京帝国大学文学部に入学した堀は、田端にいた朔太郎を訪れます。その夏、軽井沢で、芥川龍之介、室生犀星と共に、堀は朔太郎と交流し、以後、親交を深めました。
 本年、朔太郎は没後80年を迎え、前橋文学館が中心となり、全国の朔太郎ゆかりの文学館、美術館等51ヶ所で、「萩原朔太郎大全2022」と題し展覧会が開催されます(外部リンク:萩原朔太郎大全2022)。当館では、堀が青春時代、文学的に大きな影響を受けた朔太郎との関係や交流に焦点を当て、紹介します。

 

(※)「「青猫」のことなど」(初出は『萩原朔太郎全集』第二巻「詩集・下」(昭和19年 小学館)の「第八回配本附録」。のち『堀辰雄小品集 絵はがき』(昭和21年 角川書店)に「「青猫」について」と改題して収録された。

  開催期間:令和4年7月14日(木) ~ 12月27日(火)

  開催場所:堀辰雄文学記念館

企画展チラシ・目録

チラシ: 堀辰雄文学記念館特別企画展「萩原朔太郎没後80年 萩原朔太郎と堀辰雄」チラシ(PDF/738KB)

※なお、チラシ掲載写真を無断で複製・転用することはできません。

 

展示目録:堀辰雄文学記念館特別企画展「萩原朔太郎没後80年 萩原朔太郎と堀辰雄」展示目録(PDF/825KB)

 

 

新型コロナウイルス感染症の状況によっては、会期変更となる場合があります。ご理解とご協力いただきますようお願いします。

 

 

【問い合わせ】 堀辰雄文学記念館(下記連絡先まで)

 

イベント情報

開催日:
2022年8月6日 から 8月7日
2022年8月18日 から 8月18日
2022年10月2日 から 10月2日
2022年11月12日 から 11月12日

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

堀辰雄文学記念館
電話番号:0267-45-2050
FAX番号:0267-45-2050
電子メール:horikinen(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。