このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

歴史的建造物保存(1) そもそもなぜ残すのか(令和3年10月1日)

2021年10月1日 登録

 私たち人間が心穏やかに生きられるのは、“自分は何者なのか”、親や祖先など自分の出自がわかってこそのことです。地域も同様に、その歴史が住む人々にとってとても大きな意味を持ちます。過去を喪失した人間や地域は、糸の切れた凧のように漂流してしまうでしょう。私たちの周囲にある歴史を、可能な限り繋ぎとめることが大切なのです。
 京都、奈良の歴史ある寺社仏閣、長崎の出島やグラバー園、そして、飛騨地方の古い町並み・合掌づくりなど、とても味わい深く、訪れる人々を魅了します。日本各地には、こうした人々の生きた証がたくさん残されています。それは、そこに生きる人々の誇りであり、また、観光的にも重要な資源となっています。軽井沢町では旧三笠ホテルが約10万人(H22)の入場者数を数え、町の代表的な文化・観光施設となっていますが、これも保存したからこその成果と言えるでしょう。訪問者は本物に触れて多くを学ぶと共に、往時の雰囲気を感じとることが出来ます。現存していなければ、来客に「資料館で写真や文献を見てください」となります。それでは伝わりませんし、観光資源にもなり得ません。本物が伝える力はとても大きいのです。(つづく)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民課
電話番号:0267-45-8540
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:juumin(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。