このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

  • ホーム
  • 教育・文化
  • 新型コロナウイルスに関する出席停止、臨時休業(休校)等の対応について(お知らせ)

新型コロナウイルスに関する出席停止、臨時休業(休校)等の対応について(お知らせ)

2022年2月1日 更新

 

 日頃より、町教育行政に対しましてご理解ご協力を賜りまして有難うございます。

 さて、新型コロナウイルスに関する出席停止、臨時休業(休校)等の対応について、この度の感染拡大や国・県のガイドラインを踏まえ、2月1日より下記のとおりとしますのでご確認をお願いします。

 保護者の皆様には、ご承知いただくとともに、万が一、児童生徒やご家族が、感染者や濃厚接触者に特定された場合は、それぞれ通学している学校に速やかに連絡をお願いします。

 また、新型コロナウイルス感染症は、注意していても誰もが感染する可能性があるもので、皆様ご自身も例外ではない事をご理解いただき、感染者やその家族また、医療従事者などへの不当な差別や偏見、いじめ等が生じないよう、冷静な行動をお願いします。

 なお、今後も状況の変化を受け、急な対応をお願いすることも想定されますので、引き続きご理解ご協力をお願いします。

 

                                                         記

 

1 児童生徒および教職員本人が感染症罹患者となった場合の対応

(1) 罹患者本人は、保健所等の指導による期間が経過するまで出席停止(学校に登校しない状況であっても欠席としない扱い。)または長野県立学校の職員の例による休暇とする。

(2) 学級内に罹患者が確認された場合、保健所による濃厚接触者の特定および校内の消毒を行う間は学級閉鎖とする。閉鎖の期間は、保健所等専門機関の指導に基づき、感染の拡大状況や児童生徒への影響を踏まえて判断する。再開にあたっては保健所等専門機関と教育委員会とで協議を行い判断するが、以下のいずれかの状況に該当し、学級内で感染が拡大している可能性がある場合は引き続き学級閉鎖を実施する。

 (1)同一の学級において複数の児童生徒等の感染が判明した場合

 (2)感染が確認された者が1名であっても、周囲に未診断の風邪等の症状を有する

     者が複数名おり、当該学級の児童生徒の健康状況等から必要と判断される場合

 (3)1名の感染者が判明し、複数の濃厚接触者が存在する場合

 (4)その他、設置者で必要と判断した場合

(3) 複数の学級を閉鎖するなど、学年内で感染が広がっている可能性が高い場合、学年閉鎖を実施する。

(4) 複数の学年を閉鎖するなど、学校内で感染が広がっている可能性が高い場合、学校全体の臨時休業(休校)を実施する。

(5) 当該学校の保護者には、感染者が確認された事実および臨時休業(休校)の事実の有無をはじめ、学校がとる対応について通知する。

(6) 感染拡大防止、風評被害防止のため、関係機関と協議のうえ、教育委員会が必要と認めた場合には、学校名および公衆衛生上の対策(臨時休業予定期間、消毒の実施等)を公表する場合がある。また、同居の家族等を介した感染拡大を防ぐ観点から、必要と認められる際には、教育委員会で得た情報を町立小中学校で共有する。

 

2 児童生徒および教職員本人が濃厚接触者に特定された場合の対応

当該児童生徒および教職員本人について出席停止または就労制限の措置を行い、その期間は保健所から指示された期間とする。

 

3 児童生徒および教職員本人の感染は確認されていないが、発熱等の風邪の症状がある場

 合の対応

児童生徒および教職員本人について出席停止または就労制限の措置を行う。

 

4 児童生徒の同居の家族の体調に異変がみられる場合は、登校を控え、家庭で体調の経過

 観察を行うよう協力を求める。また、児童生徒の同居の家族が濃厚接触者になり、保健所

 の指示に従い登校を控える場合は、児童生徒について出席停止の措置を行う。

 

5 医療的ケアが日常的に必要な児童生徒等や基礎疾患のある児童生徒について

医療的ケアが日常的に必要な児童生徒、あるいは循環器疾患、糖尿病、呼吸器疾患等の基礎疾患がある児童生徒、その他重症化するリスクが高い児童生徒は、主治医と相談の上、個別に登校の判断をする。登校すべきではないと判断された場合は、「出席停止・忌引き等の日数」として処理し、欠席の扱いとしない。 

 

6 その他の出席停止等の扱いについて

生活圏において感染経路が不明な患者が急激に増え、児童生徒や保護者が登校について不安を持ち、保護者の判断により児童生徒が登校を見合わせた場合において、同居家族に高齢者や基礎疾患がある者がいるなどの合理的な理由があり、出席しなくてよいと校長が判断した場合は「出席停止・忌引き等の日数」として処理し、欠席の扱いとしない。

 

7 臨時休業(休校)に伴う給食の提供について

(1) 臨時休業(休校)の決定により、給食の提供は停止とする。

(2) 学校再開の日程が決定された場合、再開後、数日間は各家庭において昼食を用意していただく場合が想定されるが、その場合には、改めて教育委員会または学校より連絡するものとする。

 

8 町内において感染が広がり、上記以外の対応が必要な場合は、その事態に即して判断す

 る。

 

 感染者や濃厚接触者が特定された場合などに、当該児童生徒や家族等に対して、誹謗・中傷などがないように冷静な対応をお願いします。   

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 こども教育課
電話番号:0267-45-8672
FAX番号:0267-46-1152
電子メール:kodomokyoiku(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。