このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

令和3年9月会議

2021年8月26日 登録

 本日ここに、令和3年第1回軽井沢町議会定例会9月会議として、本会議が開催されるにあたりまして、ごあいさつを申し上げます。

 さて、新型コロナウイルス感染症ですが、今まで以上に猛威を振るっています。現在、東京都をはじめとする1都2府10県には緊急事態宣言が発出されておりますが、感染力の強いデルタ株への置き換わりや人出の減少幅が小さいことも相まって、宣言の効果も薄く、連日大勢の陽性者が報告されています。また、明日から追加で1道7県に対して緊急事態宣言を発出するとの報道もされており、感染拡大に歯止めがかからない状況となっております。
 長野県も例外ではなく、1日の感染者数が過去最多になるなど、感染者が爆発的に増加しており、医療体制への負荷がかかりつつある中、非常に緊迫した状況が続いております。このような状況を受け、県は8月20日に「医療非常事態宣言」を発出し、あわせて全県の感染警戒レベルを5の「新型コロナウイルス特別警報【2】」に引き上げ、療養・検査体制の強化とワクチン接種の加速化に努めることとしております。
 当町においては、既に8月5日から感染警戒レベル5となっており、トップシーズンではありましたが、県より飲食店等への営業時間の短縮要請がありました。また、私自身も8月13日に軽井沢駅へ出向き、街頭啓発により来軽される皆様へ直接、感染防止対策への協力をお願いしたところであります。
 小中学校では2学期がスタートしましたが、基本的な感染予防対策の継続、始業式は教室でのリモート開催、校外活動については延期または中止、学年をまたいだ交流の自粛など、これまで以上に感染拡大防止対策を講じております。
 感染拡大を収束させる鍵となるワクチン接種の状況ですが、町民の接種率は8月24日現在で1回目を接種された方が、全対象者の54.3%となっております。また、64歳以下の対象者の37.9%の方が1回目の接種を済ませている状況です。
 今後も、感染拡大に歯止めをかけるべく、国と県の目標である11月末の完了をめどに進めてまいります。
 また、ホームページやSNS等を活用し、若年層を中心に接種勧奨を積極的に進めるとともに、大切なご自身とご家族の命を守りそして多くの方の命と暮らしを救うために「できるだけ人と会わない」「マスク、手洗い、手指消毒、三密回避の徹底」「体調が悪い時はすぐに医療機関に相談」を徹底するよう啓発を行ってまいります。
 令和3年8月前線による大雨についてですが、県内でも、8月12日(木)から15日(日)の降水量が600ミリを超える場所もあり、多くの被害が発生しました。特に、岡谷市では、大雨により発生した土砂災害により3名の尊い命が失われました。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
 当町でも、8月12日から雨が降り続き、14日(土)午前6時44分に長野地方気象台より大雨警報が発表されたことを受け、第1配備体制をとり警戒にあたりました。
 避難に関しましては、14日9時11分に中央公民館に避難所を開設し、軽井沢町土砂災害防災マップの土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域に指定された箇所と、気象庁が発表する防災気象情報の一つであります、「キキクル」の危険度分布図が重なり、災害が発生する恐れのある8地区に対しまして、明るいうちに安全に避難していただくため、高齢者等避難を発令しました。14日には8世帯16名の方が避難され、15日の午前中には、全ての避難者が帰宅されましたが、警報発令中は避難所が何時でも使える体制をとりました。
 幸いなことに、当町ではこの大雨による人家に対しての被害は発生しておりません。
 これから、台風シーズンとなりますので、長野地方気象台等と連絡体制を密にし、適切な避難情報を発出できるよう準備をしてまいりたいと考えております。

 同じく災害関連ですが、去る7月3日、熱海市において大雨の影響による土石流災害が発生しました。これを受けて、国際特別都市建設連盟の書面による臨時総会が開催され、昨今の異常気象による自然災害が頻発していることなどを踏まえ、災害時等における見舞金支出に関する規程が整備されましたので、この規程に基づき同連盟会計より8月12日に災害見舞金が支出されております。
 また、島根県松江市に対しましても7月7日の大雨による災害に対し、同規程に基づき災害見舞金が支出されておりますので併せてご報告いたします。
 被災された熱海市、松江市におかれましては、一日も早く復旧が進みますことをご祈念申し上げます。

 次に、軽井沢22世紀風土フォーラム関係ですが、これまでの風土フォーラムの取り組みなどを発信する場として、11月のシンポジウム開催に向けて準備が進められております。詳細が決まりましたら広く周知して参ります。
 また、現在5つのエリアで進められておりますエリアデザインにつきましては、地域の将来ビジョンに関する議論に加え、住民の皆さんが主体となって地域の活性化に向けた活動につなげていただいているエリアもございます。
 今後も新型コロナウイルスの感染状況を注視しながら、地域の皆さんとともに取り組みを進めて参ります。

 庁舎改築周辺整備事業でありますが、去る8月6日に建築家の團紀彦氏を委員長としたプロポーザル審査委員会を開催し、1次審査を実施しました。企画提案は20者からあり、どの提案も非常にレベルの高い提案でありましたが、そのうちから7者を選定しました。
 9月28日には2次審査により残った7者から最優秀提案者及び優秀提案者を決定しますので、プロポーザル審査委員会開催に向けて準備を進めてまいります。

 税関係ですが、令和2年度における町税の収納率につきましては、現年度課税分は98.21%で前年度比0.56ポイントの減、滞納繰越分は14.84%で前年度比0.48ポイントの減となり、全体では前年度比0.67ポイント減の91.65%となりました。
 これは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、納税が困難となった納税者に対して適用された徴収猶予が主な原因と考えられます。
 クレジットカードを利用した納付につきましては、1,625件、約5,440万円の収納があり、導入初年度の令和元年度と比較し222件、1,140万円の減となりましたが、一方で、コンビニ収納は4万57件、約7億2,740万円の収納で前年度比2,373件、6,410万円の増、電子マネーによる納付は1,340件、3,050万円の収納で前年度比912件、2,310万円の増となり、件数・金額ともに増えております。
 これも、新型コロナウイルス感染対策のために、非接触型の納付方法を選択する方が増加したためと考えられます。
 長野県地方税滞納整理機構の収納状況につきましては、13件、4,233万円の事案を依頼し、3,376万円の納付がありました。
 新型コロナウイルス感染症の影響により、今後も中小企業や個人事業主の経営状況によっては、町税の滞納額増加も懸念されますが、引き続き長野県地方税滞納整理機構、県税徴収対策室との連携を密にし、税の公平性の維持と適正化に努めるとともに、多種多様な収納方法を検討し、納税者の利便性と収納率の向上に向け一層努力してまいります。

 夏期の「交通快適化対策」でございますが、しなの鉄道に乗り換えるパーク・アンド・レールライドをはじめ、町内循環バスの利用促進とFM軽井沢での交通情報の発信を行いました。
 8月14日、15日の大雨による上信越自動車道及び旧碓氷峠の通行止めの影響が心配されましたが、大きな渋滞の発生には至らず、期間を通し一時的な渋滞はあったものの比較的円滑な交通が保たれました。
 今後も引き続き、関係機関と連携し、公共交通機関利用による渋滞緩和と流入車両の抑制による環境への負担低減に取り組んでまいります。

 人口減少社会をむかえ、社会全体では様々な課題が取り上げられておりますが、水道事業や下水道事業においても同様であり、将来的には、人口減少による料金収入の減少や施設の老朽化による更新需要の増大から経営環境はさらに厳しさを増していくものと考えております。
 このような時代的な背景であっても水道事業や下水道事業は、欠くことのできない社会インフラであり、将来にわたり安定的な経営を行っていくために、資産を含む経営状況を的確に把握し、中長期的な視点に基づく財政マネジメントに取り組んでいくため、国においては公営企業会計の適用を推進しております。
 水道事業会計につきましては、既に公営企業会計により運営しておりますが、公共下水道事業と農業集落排水事業につきましても令和4年4月から公営企業へ移行するため、関係条例を今会議に提案させていただきますので、よろしくお願いします。

 追分宿郷土館では、戦時中に疎開し1960年に亡くなるまで軽井沢で制作活動を行い、フランス人浮世絵師ともいわれたポール・ジャクレーの没後60年特別企画展「軽井沢を愛したフランス人浮世絵師 ポール・ジャクレー全木版画展」を、8月1日から開催しています。
 多色摺(たしょくずり) 木版画全162点を2期に分け、国内では初めて全作品を一堂に展示するものとなります。
 コロナウイルス感染症対策を行いながら開催しておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

 最後になりますが、中部小学校において、児童数の増加により、来年度のクラス数が増えることが見込まれる為、教室の改修工事に係る補正予算案を今会議に提案させていただいております。

 本日提案した議案等につきましては、後ほど担当課長より詳しくご説明いたしますので、よろしくご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げ、本会議の再開のあいさつといたします。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
電話番号:0267-45-8504
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:sogoseisaku(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。