このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

全県に「医療非常事態警報」が発出されました

2022年8月8日 更新

 オミクロン株BA.5系統による感染拡大が継続しており、長野県も含め、全国的にこれまでで最も高い感染水準となっています。

 7月28日には、全県に「医療特別警報」が発出されましたが、その後も、診療・検査医療機関においては、当日の来院を断らざるを得ない、電話がつながりにくい、患者が殺到するなどの事例が増加しており、休日に限らず外来診療までに時間を要する状況が続いています。また、療養中の方は1万7千人を超えてこれまでにない規模となっており、昨日時点の確保病床使用率は54.8%と、医療への負荷が増大しています。

 さらに、今後のお盆の人の動きに伴う影響も見込まれ、医療のひっ迫が懸念される状態であることから、全県に「医療非常事態宣言」が発出されました。

 なお、現在は、感染経路不明者が9割を超えており、だれもがいつどこで感染してもおかしくない状況となっています。

 感染拡大が継続しており、医療提供体制のひっ迫が懸念される状態であることから、皆様には、基本的な感染対策および一人ひとりの状況や場面に応じた適切な行動の徹底をお願いします。

 

全県に「医療非常事態宣言」を発出します(PDF/1484KB)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?