このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

令和3年6月会議

2021年5月27日 登録

 本日ここに、令和3年第1回軽井沢町議会定例会6月会議として、本定例会が再開されるにあたりまして、ご挨拶を申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症でございますが、県内でも感染力が強い変異株の感染が確認され、従来型からの置き換わりが進んでいる状況です。
 町の状況としましては、接種計画に基づき、5月7日から町内の高齢者施設入所者を、5月12日からは65歳以上の方を対象としたワクチンの集団接種を開始しました。
 当初のワクチン接種計画では、2回目の接種完了を8月中と見込んでいましたが、医療機関の協力のもと、接種日の追加及び接種時間の延長を図り、7月末までに接種が完了する見込みです。
 今後も安心、着実なワクチン接種ができるように、町を挙げて全力で取り組んで参ります。

 令和3年度の緊急資金融資制度でございますが、5月21日現在の利用者は、26件、融資額は、3億8,690万円となっております。
 コロナ禍で経営に支障をきたしている事業者を支援するための制度でありますので、今後も関係機関と連携して進めてまいります。

 また、4月29日から5月9日までの11日間におけるゴールデンウイークの観光客の入り込みでございますが、約19万4千人でございました。対前年比では、約910%ですが、対前々年比では、約31%にとどまっております。
 このような中、長野県では、「信州の安心なお店認証制度」を新型コロナウイルス感染症の影響が大きく出ている飲食店、宿泊事業者を先行する形でスタートしています。町といたしましても安心して飲食店等を利用していただけるようこの制度を広く周知してまいります。

 例年6月に開催しております病院祭ですが、県内の新型コロナウイルス感染が拡大傾向にあることや感染力の強い変異株も流行していることから、昨年に続き本年も中止とさせていただくことといたしました。ご理解いただければと思います。

 次に教育委員会関係ですが、今年度より出産祝い金の額を変更したことに伴い、国の臨時特別給付金の対象とならなかった昨年度に出生した子どもの保護者に、その差額分を支給する町独自の「軽井沢町出産祝い特別給付金」については、116名の対象者に6月10日に支給する予定で準備を進めております。
 工事関連では、今会議に南地区複合施設建設工事及び旧軽井沢公民館建築工事の請負契約締結について提案させていただいております。
 南地区複合施設については、昭和50年建築の南地区児童館と昭和49年建築の公民館発地分館の老朽化に伴い建て替えを行うもので、異年齢交流の場となるモデルケースとすべく建設するものです。
 旧軽井沢公民館についても、昭和27年に旧軽井沢診療所として建築され、その後、旧軽井沢公民館として利用しておりましたが、老朽化に伴い建て替えを行うものです。
 また、重要文化財・旧三笠ホテル保存修理工事ですが、解体調査が進み、現在、小屋組の解体作業が完了し、内部の解体作業を進めているところです。
 その中で、漆喰壁等の一部下地に使用されているモルタルの分析調査を実施したところ、アスベストが含まれていることが分かりました。
 飛散防止措置を行ったうえで解体するため、追加工事の変更契約を締結する必要があることから、事業費について補正予算の計上を提案させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

 本日、提案いたしました議案につきましては、後ほど担当課長が説明いたしますので、よろしくご審議のうえ、議決を賜りますようお願い申し上げまして、再開のあいさつといたします。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
電話番号:0267-45-8504
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:sogoseisaku(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。