このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

令和2年12月会議

2020年12月3日 登録

  本日ここに、令和2年第1回軽井沢町議会定例会12月会議として、本会議が再開されるに当たりまして、ごあいさつを申し上げます。
 本年も残りわずかとなりました。本年度はコロナ禍で中止となった事業もありますが、新型コロナウイルス感染症関連事業をはじめ、執行可能である諸事業につきましては、議員各位のご協力により、予定どおり進捗しており、心より感謝申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症も第3波を迎え、11月以降、全国の一日あたりの新規陽性者の確認が過去最多となるなど、増加傾向が顕著になっております。
 長野県も例外ではなく、一部圏域に陽性者が集中するとともに、その他の圏域においても陽性者が多数確認されております。また、入院者数の増加により全県の医療体制への負荷が増大している状況であります。
 こうした状況から県では「感染拡大に警戒が必要な状況」と判断し11月24日に、既に特別警報及び警報が出ている長野圏域と北信圏域を除く全圏域に「新型コロナウイルス警報」を発出しました。そして、更に昨日、北信圏域が感染警戒レベル3から4へ引き上げられ、長野圏域と同様に「新型コロナウイルス特別警報」が発出されております。
 これから厳しい寒さを迎えるにあたり、適切な屋内環境の保持、感染リスクの高い場面や行動を避けることなど、感染防止対策を徹底していただき、自らと周囲の方の健康をご自身の行動で守っていただく必要があります。
 町としては、今後も県の対応方針に準じて対応していくこととし、「新しい生活様式の推進」、「陽性者が多数発生している地域への訪問にあたっては慎重な行動をとること」等を引き続き周知してまいります。
 このウイルスは、誰にでも感染する可能性があります。 正しい情報をもとに正しい判断をしていただき、誤った情報には、決して振り回されないようお願いいたします。

 令和5年度からスタートする第6次長期振興計画の策定でありますが、現在、9月から10月にかけて実施した町民・別荘所有者等へのアンケート調査結果の集計を実施しており、今後は、住民とのワークショップ等の開催を予定しております。

 国勢調査につきましては、指導員15名、調査員93名、合計108名を動員し、10月1日を基準日として実施し、業務を終了することができました。今回の国勢調査の結果につきましては、総務省統計局から令和3年6月までに発表予定の速報をはじめ、順次、皆様に公表されることとなっております。

 次に、軽井沢22世紀風土フォーラム関係ですが、今期の基本会議では、コロナ禍における軽井沢の立ち位置に関しての協議を行い、発表の場を設けていくことや、プロジェクトチームについても構成の見直しを行い、住民の皆さんとの意見交換の機会を創出できるよう、参加方法などにも配慮しながら活動を進めていただくことになりました。
 また、エリアデザインにつきましては、南地区エリアにおいて、10月に上発地、下発地、杉瓜の3地区で構成する検討組織を立ち上げ、グランドデザインで提案している全てのエリアで具体的な検討が始まりました。引き続き、新型コロナウイルスの感染状況を注視しながら、地域の皆さんとともに検討を進めてまいります。

 新型コロナウイルス感染防止のため延期としておりました、信州大学と共同で実施する軽井沢健診ですが、9月15日より開始し、11月30日をもって今年度の健診は終了いたしました。実施日数は限られておりましたが11日間実施し、91名の方々に受診いただきました。来年度におきましても、多くの町民の方に受診いただけるよう周知し、認知症やフレイルの予防に繋がるよう努めてまいります。

 当町のマイナンバーカードの交付率は、11月25日時点で24.2パーセントと全国平均の22.8パーセントと比較して1.4ポイント上回っております。国では令和4年度末までに、ほぼすべての国民に行き渡ることを目指し、普及拡大に向け更なる取り組みを進めていくこととし10月27日付けで武田総務大臣より書簡が発出されました。
 来年3月よりマイナンバーカードの健康保険証利用開始も予定され、カードの早期取得促進に向け、未取得者に対し、今月末から来年3月末まで、随時、スマートフォンからもマイナンバーカードの交付申請可能なQRコード付き交付申請書を個別に送付する予定です。
 また、カードの申請補助や交付事務が円滑に行えるよう、人員等を確保し準備を進めております。議員の皆様におかれましてもマイナンバーカードの普及促進にご協力をお願いいたします。
 8月17日より試験稼働をしておりました佐久平クリーンセンターでございますが、12月1日から本稼働となり、将来に渡って安定、安全なごみ処理体制が整いました。引き続きごみの減量化に努めてまいります。

 環境の保全に対して、環境基本法により、地方自治体においても責務が課されていることから、町では今後、環境基本計画(仮称)の策定を予定しております。
 この基本計画を策定する上での根拠となる理念条例として環境基本条例の制定が必要であることから、条例制定に向けて町民の皆様や別荘所有者の皆様などと協同してより良い条例とするために、12月1日より「軽井沢町環境基本条例(案)」に対しましてのパブリックコメントを実施しております。
 さて、「軽井沢ウインターフェスティバル2021」でございますが、先週の28日に新型コロナウイルス感染症対策を実施する中で、軽井沢駅北口のペデストリアンデッキにおいて、イルミネーション点灯式をはじめ花火を打ち上げるオープニングイベントを開催いたしました。
 今回は、軽井沢駅前での「クリスマス・マルシェ」に代わり、町内登録店舗を訪れた方にプレゼントを贈呈する「ぐるっとマルシェ」を実施するほか、新たに軽井沢の冬をライブ感覚で楽しんでいただけるようユーチューブで音楽動画を配信いたします。
 さらに、現役プランナーがウエディングの魅力を紹介する「ウエディングアワード」や「各種ウインタースポーツ大会」等の多彩な催しを来年の2月24日まで開催し、冬の誘客に努めてまいります。

 次に、小中学校の修学旅行の状況ですが、中部小学校では10月19・20日で安曇野方面へ、中学校では10月26日にクラスごとに新潟方面または長野市方面へ、東部小学校では11月4・5日に石川・富山方面への旅行を実施することができました。残る西部小学校については、2月に福島・茨城方面を予定しているところですが、実施にあたっては、今後の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえながら判断してまいります。

 軽井沢病院ですが、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの流行時期に入り、予防対策のため、国県の補助金を活用し、救急外来入口へプレハブ2棟の増設や各種機器を購入すべく、今12月定例会で補正予算を提出させていただいております。
 引き続き来院の際にはマスクの着用と手指消毒をお願いするとともに、出入り口を正面玄関のみとさせていただき、来院されるすべての方に検温と発熱・息苦しさ等の問診も実施しております。お待たせする場合もございますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 本日提案した議案等につきましては、後ほど担当課長より詳しくご説明いたしますので、よろしくご審議の上、議決を賜りますようお願いいたしまして、本会議の再開あいさつといたします。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
電話番号:0267-45-8504
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:sogoseisaku(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。