このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

ロタウイルスワクチン定期予防接種について

2020年10月1日 登録

令和2年10月1日より、ロタウイルスワクチンの予防接種が定期接種になります。

「ロタウイルス」とは

ロタウイルスは、乳幼児にみられる胃腸炎の主な原因のひとつで、5歳までにほとんどの子供が感染する非常に感染力の強いウイルスです。発症すると、激しい下痢や嘔吐が起こり、発熱を伴うこともあります。初感染が特に重症化しやすく、まれに、重度の脱水、脳炎・脳症などを起こし、入院が必要になる場合もあります。ワクチン接種により、ロタウイルス胃腸炎の重症化を防ぐことができます。

対象

令和2年8月1日以降に生まれたお子さんで、令和2年10月1日以降にワクチンを接種する場合 ※9月30日までに接種をした場合、任意接種(費用は自己負担)となります。

接種期間・回数

・ワクチンには2種類あり、どちらも経口接種(飲む)の生ワクチンです。予防効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なります。

・原則、同一のワクチンで最後まで接種します。特別な事情がない限り、途中でワクチンの種類を変更することはできません。ワクチンの種類については、接種を希望する医療機関に問い合わせてください。

ワクチン名 ロタリックス ロタテック
接種時期 出生6週0日から24週0日まで 出生6週0日から32週0日まで

どちらもワクチンも、初回接種を、出生14週6日までに接種します

※生まれた日の翌日を0週1日として算出

接種回数 2回接種 3回接種
接種間隔 27日以上
注意事項 うまく飲めなかったり、吐いたりしてしまった場合でも、少しでも飲みこみが確認できていれば、予防効果に問題はありませんので、再度接種する必要はありません。

 

【腸重積症について】

 腸重積症とは、腸が腸に入り込み、腸が閉塞した状態になることです。ワクチン接種後1週間程度は、わずかに腸重積症の発症リスクが高まる可能性があると言われています。腸重積症は、ロタウイルスワクチンを接種しなくても、生後3,4か月頃からお子さんによくみられる病気のひとつです。早めにワクチン接種を開始し、完了させましょう。

 以下のような症状が1つでも見られた場合は、腸重積症の疑いがないか、医療機関に相談のうえ、受診してください。

    〇泣いたり不機嫌になったりを繰り返す 〇嘔吐を繰り返す

    〇ぐったりして顔色が悪くなる     〇血便が出る

費用

無料(公費負担)

接種方法

個別接種のため、必ず予防接種実施医療機関に予約し、接種してください。

予防接種実施医療機関

町内予防接種実施医療機関及び長野県医師会に所属する医療機関

町内予防接種実施医療機関

持ち物

母子健康手帳、予診票

注意事項

・対象児のうち、既に任意接種(全額自己負担で行う接種)で接種を受けた方は、既に接種し 

た回数を除く、残りの回数を定期接種として接種できます。

・任意接種として、自費でロタウイルスワクチンの接種を受けたことのがある方への返金・補助制度はありません。

・何かご不明なことがありましたら下記までお問い合わせください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉課健康推進係(保健センター)
電話番号:0267-45-8549
FAX番号:0267-44-1396