このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

令和元年5月会議

2019年5月8日 登録

 本日ここに、令和元年第2回軽井沢町議会定例会5月第1回会議が開会されるにあたりまして、あいさつを申しあげます。

 去る4月21日に執行されました軽井沢町議会議員一般選挙におきまして、皆様におかれましては、町民各位の絶大なる信任を受けられ、見事に当選の栄誉に輝き、過日、軽井沢町選挙管理委員会より当選証書が付与され、本日ここにめでたく議席を得られましたことに対し、心より敬意とお祝いを申し上げる次第でございます。
 全国的に地方議会議員のなり手不足が深刻な問題となっており、定数割れ等で無投票となることが多い中、当町では、定数16議席に対し17人の届出があり選挙戦となりました。
 しかしながら、法定得票数に満たない候補者も出たため、ひとり欠員の当選決定15議席という結果となりました。
 議員の皆様におかれましては、町民福祉の推進や町の発展のため、議会活動を推進していただくことを、ご期待申し上げます。

 4月29日には天皇陛下御在位三十年記念樹の植樹を町営追分宿駐車場御製碑前にて行いました。
 陛下は先月末で退位されましたが、三十年の長きにわたり国民の象徴として、被災地への御訪問をはじめ、常に国民に寄り添い全身全霊をもってお務めに精励してこられました。今後はゆっくりお過ごしになられ、軽井沢へも静養にお越しくださることを期待しております。

 また、今月1日から新天皇陛下が即位され、元号も「令和」となりました。「令和」の意味にもありますように、一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした希望に満ち溢れた時代になるよう期待しております。

 4月1日から住民課窓口で、パスポートの申請・交付事務を開始しております。
 初日だけで、11名の方が申請や相談のため来庁され、近場で申請ができるようになり便利になったと好評をいただいております。
 4月中の実績ですが、申請が68件、交付が48件の合計116件を取り扱い、そのうち火曜日と木曜日の夜間窓口において扱った件数は18件でした。
 また、同日から、マイナンバーカードを使ってコンビニエンスストア等で各種証明書を取得できる、コンビニ交付サービスを開始し、併せて、同様に各種証明書が取得できる端末を庁舎内に設置しました。
 4月における庁舎内設置の端末からの証明書の発行件数は、17件となっております。
 役場閉庁時においても各種証明の交付が受けられる便利なサービスです。議員の皆様におかれましても、マイナンバーカードをお作りいただくとともに、このサービスをご活用いただきたいと思います。

 また、この度の改元にあたり、オリジナル婚姻届を作成し、5月1日より希望者へ無料配布をしています。このオリジナル婚姻届は、通常の婚姻届に、本人の控えとなる軽井沢をモチーフとしたデザインの記念台紙が付いて一組となっております。記念台紙には、婚姻届の提出日、届出場所、夫・妻の氏名、証人の氏名部分がカーボン複写となっており、写真や二人の思い出、夢等自由に記入していただけるような仕様です。なお、記念台紙には、私が直筆で署名をしております。

 次に、消費税増税に伴う「プレミアム付商品券事業」についてですが、この事業は、消費税率の引き上げが低所得者・子育て世帯の消費に与える影響を緩和するため、今年10月から一定の期間使用可能なプレミアム付き商品券を発行・販売するものでございます。
 事業の執行に向けた事務に必要な事務費及び、プレミアム分に相当する事業費につきましては、全額国負担を見込んでおります。
 すでに国からは実施に向けた補助金交付要綱、事業実施要領が各自治体に伝達され、当町においても通知内容に基づいた予算編成を行いました。本会議に補正予算を上程させていただきましたのでよろしくお願いいたします。

 介護保険事業についてですが、低所得者の保険料の更なる軽減強化を図るための法令の改正により、関係する条例の一部改正と、これに伴う一般会計及び介護保険特別会計の補正予算を上程させていただいております。

 信大東大連携事業による寄附講座の取り組みについてでございますが、4月からの軽井沢病院の総合診療科の開設に伴い、3月21日に開催しました町民講座に53名の方にご参加いただきました。
 参加された方からは、総合診療科へのご理解をはじめ軽井沢病院に対する期待の声をいただいております。総合診療科では、現在の2名の医師に加えて、5月16日から二宮(にのみや)里美(さとみ)医師が勤務いたします。
 3名体制となりますので、より住民の皆さまに寄り添った医療の提供をしてまいる所存です。

 次に、平成30年度の観光客入込数でございますが、約870万人の方に訪れていただきました。
 インバウンドをはじめ、秋の行楽シーズンの好天や冬の暖冬が後押しをし、前年より約17万人の増加となりました。
 今後におきましても、観光協会や近隣市町と連携を図り、更なるPR活動やイベント情報をホームページ、SNS等を駆使し、軽井沢の魅力を発信してまいります。

 開業4年目を迎えた発地市庭でございますが、平成30年度の総来場者数は、28万5千人、対前年比113%、総売り上げは5億7千2百万円、対前年比120%となっております。
 5月3日から5月6日までの大型連休期間中には、「軽井沢グランフェスタ 2019春」を開催したところでございます。今後も、6次産業の推進、南地区エリアの農業振興と観光振興の拠点として、多くの方々にお越しいただけるよう努めてまいります。

 さて、本定例会には議案4件、人事案件2件、報告2件の提案をしてございます。よろしくご審議のほどをお願い申し上げまして、議会招集のあいさつといたします。
 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
電話番号:0267-45-8504
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:sogoseisaku(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。