このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

歴史民俗資料館だより【平成30(2018)年度】

2019年5月9日 登録

 No.50  12月号

 

 

 早朝、草木に霜が降りる季節とはなりましたが、連日の暖かさに驚いています。

 

 今年最後の月は暑くなったり寒くなったりと、冬支度も落ち着きませんね。

 

 空気が乾燥していますので、体調を崩される方も多いのではないでしょうか。

 

 

 また、長野県内では建物火災が多発しているようです。

 

 

 

 風邪対策と併せて、しっかりと火の用心を心がけましょう!

 

 

 

 

 忙しい師走の始まりです。

 

 

 

 

 さて、今月号では南原交差点付近の大型案内標識について、また町内文化施設についてお知らせします。

 

 

 

 

南原交差点付近の大型案内標識について

 

 

 南原交差点付近の大型案内標識について、支柱根元が錆びているため、安全面を考慮して改修工事を実施します。

 

 

 

 

 

 

 工期は平成31320日までを予定しております。

 

 皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、工事へのご協力をお願いいたします。

 

 

 工事に関するお問い合わせは歴史民俗資料館(42-6334)までお願いします。

 

 

 

 

室生犀星記念館改修工事について 

 

 

 苔庭が美しい室生犀星記念館ですが、建物や庭を今後も長く保存していくために、改修工事を行います。

 

 

 

(犀星の径) 

 

 

 

 工期は平成301015日から翌年724日までを予定しております。 

 

 皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、工事へのご協力をお願いいたします。

 

 

 

 工事に関するお問い合わせは文化振興係(45-8695)までお願いします。

 

 

 

 

 また、町では文化財等の保存補修費用に充てるため、平成30年1月よりさわやか軽井沢ふるさと寄附金のメニューに「文化施設保存・補修」を追加しています。

 

 

 町の貴重な文化財や歴史的建造物を守るため、皆さんの応援をお願いいたします!

 

 

さわやか軽井沢ふるさと寄附金『文化施設保存・補修』 メニューについて

 

 

 

 

 No.49  11月号

 

 紅葉の美しい季節になりましたね。

 

 霜月の始まりです。

 

 

 

 離山公園では葉もきれいに色づいて、散策にはぴったりの雰囲気になっています。

 

 (ギャラリー蔵前)

 

 

 (離山用水と紅葉)

 

 

 差し込む陽の温かさを感じつつ、ゆっくりと散歩を楽しんではいかがでしょうか。

 

 

 

 さて、今月号では冬期休館となる文化施設のほか、2点のお知らせをいたします。

 

 

冬期休館となる文化施設について

 

 下記の文化施設は冬期休館となります。

 

歴史民俗資料館/旧近衛文麿別荘(市村記念館)

休館期間 : 1116日(金)から平成31331日(日)まで

      (41日は月曜日(休館日)のため、42日からの開館となります) 

 

 歴史民俗資料館/旧近衛文麿別荘では、10人以上などの見学の際には開館いたします!

  ご希望の方はぜひご連絡下さい。

 【歴史民俗資料館  0267-42-6334

 

 

ショーハウス記念館

休館期間 : 115日(月)から平成31331日(日)まで

 

 

軽井沢型絵染美術館

休館期間 : 115日(月)から翌年(2019630日(日)まで

 

 

 室生犀星記念館は保存工事のため、平成30年度は通年閉館となっております。

 

 

 

 

ギャラリー蔵について

 

 貸施設であるギャラリー蔵(旧雨宮邸 蔵)は冬期休館となるため、下記期間は貸出できません。

 

 休館期間 : 1116日(金)から平成31331日(日)まで

 

 

 平成31年度の利用については、次のとおりです。

 

・申し込み      平成3131日より受付開始

・利用開始      平成3141日より

・申込み先      教育委員会 生涯学習課 文化振興係【0267-45-8695

 

 

 

 

 平成30年度は絵画の展示や制作作品の展示・販売などが行われました。

 

 ご利用いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

開催中のイベントについて

 

 追分宿郷土館

ポール・ジャクレーと軽井沢 軽井沢を愛したフランス人浮世絵師

 

 フランス人浮世絵師による色彩豊かな作品は、1111日(日)までご覧いただけます!

 

 

 

 堀辰雄文学記念館

堀辰雄の世界 -堀辰雄・多恵の結婚80年によせて-

 

 堀辰雄と妻多恵の夫婦愛を紹介する企画展!

 

 こちらは122日(日)までご覧いただけます。

 

 

 

 堀辰雄文学記念館の入館券は、追分宿郷土館との共通券になっています。

  

 

 まだご覧になっていない方も、もう一度見てみたいという方も、この機会に是非ご来館ください!

 

 

 

 

 No.48  10月号

 

 今年は酷暑に台風にと慌ただしく感じますね。

 

 朝晩も冷え込みはじめましたので、皆さま風邪を引かないよう暖かくしてお過ごしください。

 

 

 神無月の始まりです。

 

 

 

 

 さて、今月号では資料館で開催したイベントについてご報告します。

 

 

 

 99日(日)雨宮敬次郎氏を学ぶ離山登山

ご参加ありがとうございました!

 

 

 7月は台風のため中止とした離山登山ですが、9月にようやく開催することができました。

 

 9時に資料館駐車場を出発し、1時間半ほどで無事登頂に成功!

 

 

 

 

 残念ながら当日は天気が悪く、見下ろす風景は真っ白に。

 

 ですが時折吹く風のおかげで、中軽井沢駅がちらりと覗けることも!

 

 下山も問題なく、予定通り12時には終了となりました。

 

 

 

 今回の登山では、登山道途中にある雨宮敬次郎ご夫妻の銅像台座にも立ち寄っています。

 

 敬次郎氏は明治の実業家であり、軽井沢で行ったカラマツ700万本の植林は、今日に続く木漏れ日の風景に確かな影響を与えました。

 

 現在は台座部分のみが残されていますが、その大きさと迫力には圧倒されます。

 

 

 これを機に、多くの方に雨宮敬次郎氏について知っていただければ、当館としても嬉しい限りです。

 

 参加いただいた13名の皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

 次回は花の咲くころにというご意見もございましたので、開催日等が決まったところで、広報およびホームページにてお知らせいたします。

 

 その際はぜひ、ご参加ください。

 

 

 

 

歴史民俗資料館文化講座「あなたの知らない奇跡的な軽井沢彫の世界」

930日(日)に無事開催いたしました!

 

 

 当時の宣教師たちが軽井沢に何を求めたのか、また生み出された軽井沢彫は今、どこにあるのか。

 

 たくさんの写真をスライドにてご紹介、ご講演いただきました!

 

 

 

 

 また当日は、軽井沢彫や宣教師に関する貴重な文献資料についてもご用意いただきました。

 

 お手に取っていただいた方も多く、これを機に、少しでも軽井沢彫に親しみを感じていただければと思います。

 

 

 

 

 講師をご快諾くださった柴崎様、ご来館いただい皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

町内文化施設 秋のイベント

 

 

 追分宿郷土館

 

 915日より、企画展「ポール・ジャクレーと軽井沢 軽井沢を愛したフランス人浮世絵師」を開催中!

 

 鮮やかな色彩と細やかな表現は素晴らしく、見る人を引き込むような美しさがあります。

 

 皆さまぜひ、実物の迫力をご体験ください!

 

 

 

 

 堀辰雄文学記念館

 

 712日より、開館25周年特別企画展「堀辰雄の世界 -堀辰雄・多恵の結婚80年によせて-」を開催中です!

 

 堀辰雄夫妻にまつわる書簡、遺品や初公開となる資料をあわせて展示し、堀辰雄と妻多恵の夫婦愛を紹介しています。

 

 また秋の講読会も開催いたしますので、皆さまぜひお越しください。

 

 

 

 

 旧三笠ホテル

 

 三笠ホテルでは毎年恒例の「軽井沢彫家具展」が開催されています。

 

 1014日まで、町内家具店の作品を楽しむことができますので、この機会にぜひお越しください!

 

 

 

 

 

 No.47  9月号

 

 少しずつ暑い日が減り、冷たい風が吹くようになってきましたね。

 

 酷暑に苦しんだ方も多いと思いますが、皆さま体調はいかがでしょうか。

 

 食欲の秋はすぐそこです、実りの季節を楽しみましょう!

 

 

 

 さぁ、長月の始まりです。

 

 

 

 

 今月号では、91日(土)に開催した文化講座についての報告に加え、離山登山に関するお知らせをお伝えします。

 

 

 

歴史民俗資料館文化講座「軽井沢彫」 91日(土)に無事開催いたしました!

 

 

軽井沢彫の職人から見た歴史と変遷についてや、当時の軽井沢の様子など、貴重なお話を講演いただきました。

 

また当日は、貴重な軽井沢彫家具をお持ちいただいたほか、職人による軽井沢彫の実演も!

 

間近で見た職人の技を、皆さまご堪能いただけましたでしょうか。

 

 

 

質問時間では多くの方から手があがり、とても賑やかな雰囲気でした。

 

ご講演、実演いただいた一彫堂の皆さま、ご来館いただいた多くの方々に心よりお礼申し上げます。

 

ありがとうございました!

 

 

 

軽井沢彫に関する文化講座は、930日(日)にも開催いたします。

 

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

『あなたの知らない奇跡的な軽井沢彫の世界』

 

・講  師    柴崎 雅寿 氏 (軽井沢ナショナルトラスト)

 

・日  時    930日(日)    1330分から1500分(予定)

 

・場  所    離山公園内 ギャラリー蔵

 

・定  員    30名程度(申込み不要)

 

・料  金    無料

 

 

 外国人避暑客が一夏を過ごす別荘、そこでは多くの軽井沢彫家具が生活を彩っていましたが、それらの家具は避暑を終え、どこへ運ばれたのでしょうか。

 

 軽井沢彫家具の行方を宣教師から紐解いてみましょう。

 

 遠く離れた九州に残る軽井沢彫の祭壇など、伝統工芸品の魅力をお話しいただきます。 

 

 

 

 

特別企画展「明治150年関連施策 軽井沢の伝統工芸品~軽井沢彫~」もまだまだ開催中!

 

歴史ある家具から現代の新しい軽井沢彫まで、ぜひお楽しみください。

 

 

 

 

99日(日)開催! 離山登山について

 

 

7月に台風のため中止となった離山登山ですが、日を改めて開催いたします。

 

 

明治期に活躍した実業家・雨宮敬次郎は、軽井沢でも様々な事業を行い、中でも植林したカラマツは七百万本にもなりました。登山道途中にある雨宮夫妻の銅像台座を見学しつつ、木漏れ日の中を歩いてみませんか。 

 

行程は離山公園側より登山を開始し、山頂まで登ったのち、お昼には離山公園へと降りてくる予定です。

 

3時間程度を予定していますので、山道を歩ける靴のほか、飲み物や軽食(飴など)なども必要に応じてご用意ください。

 

 

 

 山頂付近:整備された登山道

 

 

 山頂から見た軽井沢町

 

 

 

と  き    99日(日)   845分集合

 

集合場所    資料館駐車場

 

定  員    15名(先着順)

 

物    ・飲み物や軽食(飴など)

        ・雨具等

 

み    93日(月) 930分より受付を開始します。

        営業時間内の申し込みをお願いします。

 

参加費は無料、定員になり次第締め切ります。

雨天中止です。

参加希望者は電話で申し込んでください。

 

歴史民俗資料館 0267-42-6334

 

 

 

 

 

 No.46  8月号

 

 

 今年の軽井沢は随分と暑いですが、皆さま熱中症対策は万全でしょうか。

 

 水分や塩分の補給は忘れずに! 屋外行動も無理は禁物ですね。

 

 

 さぁ、葉月の始まりです。

 

 

 

 

 

 歴史民俗資料館では728日より、特別企画展を開催中!

 

 

 明治150年関連施策

 軽井沢の伝統工芸品~軽井沢彫~

 

 

 歴史民俗資料館 特別企画展のお知らせ

 

 場所は歴史民俗資料館の2階で、今年は常設展示の一部を入れ替え、昨年度よりも企画展スペースを広げております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の企画展では軽井沢彫以外にも、日光彫や鎌倉彫といった資料もご覧いただけるよう展示を工夫しています。

 

 1014日まで開催しておりますので、皆さまぜひお越しください!

 

 

 

 

 

 さて、7月末は台風12号の影響で強い雨風が吹き荒れましたね。

 

 離山公園内でも倒木があり、幸い怪我人はありませんでしたが、通路を塞いでしまいました。

 

 

 

 

 

 現在、撤去は無事に完了しております。

 

 

 離山公園内には歴史民俗資料館のほか、旧近衛文麿別荘や旧雨宮邸新座敷など、文化施設が点在しています。

 

 新座敷では稲垣黄鶴展を開催しておりますので、文化施設を巡ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 ご来館の皆さまが木陰の中を気持ちよく歩けるよう、今後も整備を続けてまいります。

 

 

 

 No.45  7月号~

 

 

 今年の梅雨はあっという間に終わってしまいましたね。

 

 夏は長いのでしょうか。適度に水分を取って、熱中症を予防しましょう!

 

 さぁ、暑い文月の始まりです。

 

 

 

 

 今月号では資料館イベントについてお知らせするほか、町内文化施設の開館情報をお伝えします。

 

 

 

歴史民俗資料館歴史体験講座

離山登山

 

 明治期に活躍した実業家・雨宮敬次郎は、軽井沢でも様々な事業を行い、中でも植林したカラマツは七百万本にもなりました。

 

 今回は登山道途中にある雨宮夫妻の銅像台座について説明をしつつ離山を登るほか、当日は植物園長にもお越しいただき、離山の植生について解説いただきます。

 

 行程は離山公園側より登山を開始し、山頂まで登ったのち、離山公園へと降りる予定です。

 

 3時間程度を予定していますので、山道を歩ける靴のほか、飲み物や軽食なども必要に応じてご用意ください。

 

 

 

と  き    729日(日)   845分集合

 

集合場所    資料館駐車場

 

定  員    15名(先着順)

 

物    ・飲み物や軽食

        ・雨具等

 

み    73日(火) 930分より受付を開始します。

        営業時間内の申し込みをお願いします。

 

参加費は無料、定員になり次第締め切ります。

雨天中止です。

参加希望者は電話で申し込んでください。

 

歴史民俗資料館 0267-42-6334

 

 

 

 

 

歴史民俗資料館 夏の特別企画展について ~その3

 

 今年の資料館では、長野県地域発元気づくり支援金事業を活用した特別企画展を開催します!

 

 明治150年施策 軽井沢の伝統工芸品~軽井沢彫~

開催期間平成30728日(土)から1014日(日)まで

 

 さて、資料館だよりでは5月号より軽井沢彫についてお知らせしてきました。

 

 今月号では、軽井沢に伝えられた日光彫と、日本伝統の木彫技術である鎌倉彫について触れてみましょう。

 

 

 日光彫

  日光東照宮の木彫技術や伝統を受け継いだ技法だといわれています。草花模様(牡丹、菊、蘭、梅、南天など)を写実的に彫刻し、また漆塗り(日光堆朱)された美しい工芸品です。

 

 

 鎌倉彫

  中世仏具の伝統を引き継いでおり、江戸時代には手箱や硯箱、経箱、茶道具なども作られました。植物文様を様式化した漆塗りの仕上げは、芸術性の高い工芸品といえます。

 

 

 また、日光彫の彫口は深く、いわゆる男性的であるのに対し、鎌倉彫は彫口が浅く女性的であるそうです。

 

 

 では軽井沢彫は、どのような彫口になるのでしょうか。

 

 時代によって異なる彫りの深さや、桜以外の多様な彫刻文様について、ぜひ実物をご覧いただきたいと思います。

 

 

 ここで少しだけ、今回の企画展のためにお借りした資料の一部をご紹介します。

 

 

 こちらは大坂屋家具店様が所蔵されている龍彫りの丸テーブル(一部分)です。

 

 日光の伝統的な文様である龍が大胆に彫られており、繊細ながら躍動感のある彫刻技術は素晴らしいものです。

 

 しかしデザインは和風であるものの、足部分はカーブを描いており、その分類としては洋風家具といえます。

 

 

 これは、軽井沢彫が外国人避暑客の要望によって生まれた『洋風木彫家具』であるからこそ作られた、大変貴重な作品です。

 

 

 企画展は728日より開催します。

 

 皆さま、ぜひお越しください!

 

 

 企画展期間中は文化講座も開催いたします。

 

 

『軽井沢彫』

 

・講  師    堀川 正久 氏 (軽井沢彫家具組合長)

 

・日  時    91日(土)    1330分から1500分(予定)

 

・場  所    離山公園内 ギャラリー蔵

 

・定  員    30名程度(申込み不要)

 

・料  金    無料

 

 

 軽井沢彫とはどのように生まれ、進化していったのか。軽井沢彫の歴史や発展について、軽井沢彫家具組合長より講演いただきます。

  

 販売・製造の観点から見た軽井沢彫の姿に触れてみましょう。

 

 当日は職人による彫りの実演もあります。

 

 

 

 

『あなたの知らない奇跡的な軽井沢彫の世界』

 

・講  師    柴崎 雅寿 氏 (軽井沢ナショナルトラスト)

 

・日  時    930日(日)    1330分から1500分(予定)

 

・場  所    離山公園内 ギャラリー蔵

 

・定  員    30名程度(申込み不要)

 

・料  金    無料

 

 

 外国人避暑客が一夏を過ごす別荘、そこでは多くの軽井沢彫家具が生活を彩っていましたが、それらの家具は避暑を終え、どこへ運ばれたのでしょうか。

 

 軽井沢彫家具の行方を宣教師から紐解いてみましょう。

 

 遠く離れた九州に残る軽井沢彫の祭壇など、伝統工芸品の魅力をお話しいただきます。 

 

 

 

 

 

 

 

 町内文化施設のお知らせ

型絵染美術館が開館しました!

 

 型絵染美術館が71日より開館しています。

 

 今年のテーマは『幻想の世界』!

 

 小林今日子氏の独創的な世界をお楽しみください。

 

 6館共通券の対象施設となっているため、旧三笠ホテルを起点として町内文化施設を巡ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 型絵染美術館 (軽井沢町大字軽井沢1178-1233

 

 開館:9時から17時まで(入館は1630分まで)

 

 大人:200円(100円)  小中高生:150円(50円)

 

 ( )は20名以上の団体料金

 

 

 

 

 No.44  6月号~

 

 

 日差しの強い日が増えてきましたね、そろそろ暑さ対策も必要でしょうか。

 

 

 離山公園ではセミや鳥のさえずりが織り重なり、木漏れ日の中で心地よいハーモニーとなっています。

 

 

 また、外の暑さもなんのその。

 資料館は木陰に建てられていますので、中はほんの少しひんやりとしています。

 

 ちょっと一休みにいかがですか。 

 

 

 

 さぁ、水無月のはじまりです!

 

 

 

 今月号では盆栽講座の様子について、また文化施設について2件のお知らせがございます。

 

 

 

 

 盆栽講座 ・・・ 526日(土)実施

 

 盆栽講座では浅間石に穴をあけ、好きな植物を植えて、自分だけの盆栽を作ります。

 

 

 

 今年は会場を変更して、作業場所は離山公園内のギャラリー蔵近辺に。

 

 植物園長から離山公園内の植生や盆栽に使う植物についての解説をいただき、作業開始です。

 

 

 

 根が入る程度まで穴をあけたら、植える植物を選びます。

 

 あとは自分のセンス次第!

 

 

 

 当日はお天気も良く、木陰で広々と作業ができました。

 

 参加いただいた21名の皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

文化施設ガス燻蒸実施による臨時休館について

 

 618日(月)より、町内4文化施設が資料のガス燻蒸実施のため休館となります。

 

 

  休館となる文化施設

 

 ・歴史民俗資料館

 ・旧近衛文麿別荘(市村記念館)

 ・追分宿郷土館

 ・堀辰雄文学記念館

 

 

 休館となる期間については、【ガス燻蒸作業の実施による文化施設臨時休館のお知らせ】をご覧ください。

 

 皆さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご来館の際は日程の確認をお願いいたします。

 

 

 

 

 

歴史民俗資料館 夏の特別企画展について ~その2  

 

 資料館では夏の特別企画展として、軽井沢彫をテーマにした展示を行います!

 

 

平成30年度 地域発 元気づくり支援金事業

明治150年関連施策 軽井沢の伝統工芸品-軽井沢彫-

 

 期 間平成30728日(土)から平成301014日(日)まで

 

 

 

 先月号でご紹介したとおり、軽井沢彫は日光からやってきた日光彫職人によってはじまりました。そのため、彫刻模様は日光彫の伝統を取り入れられており、製作当初は牡丹や菊、向日葵、松、梅、竹といった植物文様が主流だったそうです。

 その後、明治末期に軽井沢町が避暑地として盛り上がるにつれて、家具の需要が増えはじめました。満開の桜の樹が彫られるようになったのもこの頃で、異国情緒を求める外国人の要望に応えたものと考えられています。

 

(参考:軽井沢家具組合(2012)『軽井沢彫家具』)

 

 

 

 

 この桜文様は現在まで広く親しまれており、軽井沢彫といえば桜をイメージする方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 こちらは町民の方が卒業制作で作った、軽井沢彫のオルゴールです。

 

 桜文様が綺麗に彫られていますね。

 

 企画展では、こうした町民の方々が作られた作品も展示する予定ですので、開催を楽しみにお待ちください!

 

 

 

 

 また昨年度に引き続いて、町内文化施設が「信州ミュージアムネットワーク事業」に参加いたします。

 

 714日から92日の期間は小中学生の入館料が無料となり、 スタンプラリーも実施予定です!

 

 

 皆さまのご来館をお待ちしております。

 

 

 

 

 No.43  5月号~

 

 

 皆さまゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか。

 

 

 お天気の良い日も多く、離山公園も日差しを受けてすがすがしい雰囲気に包まれています。

 鮮やかな緑が気持ちいいですね! 

 

 

 

 

  

 

 それでは、平成最後の皐月の始まりです!

 

 

 

 

 

 

 今月号では3点のお知らせがあります。

 

 

歴史民俗資料館 夏の特別企画展について ~その1

 

 

 当館では夏の特別企画展として、軽井沢彫をテーマとした展示を行います!

 

 (写真は常設展示の軽井沢彫)

 

 

 

 明治期に生まれた軽井沢彫ですが、その発祥は軽井沢にやってきた日光彫職人によるもの。

 

 そのため明治末期の作品には、雲間に竜や菊の彫刻を取り入れたものや、バラやヒマワリを彫った円形テーブルなど、日光彫の手法が色濃く見られます。

 (参考:軽井沢家具組合(2012)『軽井沢彫家具』)

 

 企画展では町内に残る古い軽井沢彫はもちろんのこと、現代の新しい軽井沢彫まで幅広く展示を行います。

 

 

 開催期間は下記のとおりですので、皆さまぜひお越しください!

 

 

 

 

 平成30年度 歴史民俗資料館特別企画展 

軽井沢の伝統工芸品-軽井沢彫-

 

 期 間:平成30728日(土)から平成301014日(日)まで

 

 場 所:歴史民俗資料館 2階展示室

 

 

 

 

 

盆栽づくり講座について

 

 今年も盆栽づくり講座を実施します。

 

 浅間石に穴を開け、離山公園内に咲く植物を好きに植えて、あなただけの盆栽を作ってみましょう!

 

 詳しくはこちらのページにてご確認ください。 

   歴史民俗資料館歴史体験 沓掛宿講座「江戸を訪ねる」~盆栽作り~

 

 

 

 

ガス燻蒸による文化施設休館のお知らせ

 

 今年度は資料をカビや虫から守るため、館内や収蔵庫のガス燻蒸作業を実施します。

 

 そのため、作業期間中は下記の文化施設が臨時休館となりますこと、皆さまご了承いただけますようお願いいたします。

 

 

 歴史民俗資料館

     休館期間:平成30618日(月)から623日(土)

 

 旧近衛文麿別荘(市村記念館)

     休館期間:平成30618日(月)から623日(土)

 

 追分宿郷土館

     休館期間:平成30618日(月)から623日(土)

 

 堀辰雄文学記念館

     休館期間:平成30618日(月)から620日(水)

 

 

 お越しになる際には、お手数ですが日程の確認をお願いいたします。

 

 

 

 

 

~ No.42 ~ 4月号 ~

 

 今年は暖かい日が多いですね、町内の桜も早めに咲くのでしょうか。

 

 

 さぁ、新年度の卯月が始まります!

 

 

 

 

 さて、今月号では41日より開館となった文化施設について、お知らせしていきます。

 

 

 

 47日から430日まで、山野草のタネのプレゼント企画を実施しております!

 

 さらに植物観察会も開催いたしますので、皆さまぜひご来園ください。

 

 写真:アズマイチゲ

 

 

  写真:カタクリ

 

 

 

 

 館入口の説明看板を新しく整備しました。

 

 ショーハウス記念館は、英国聖公会宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーによる軽井沢の第一号別荘(復元)です。

 

 礼拝堂の傍で、静かな別荘の雰囲気をお楽しみいただけます。

 

 

 

 

 

 常設展示である杉浦非水・翠子夫妻の資料について、一部が新たに閲覧できるようになりました。

 

 モダンなデザインの数々を、実際にお手とってご覧ください!

 

 

 歴史民俗資料館は、旧近衛文麿別荘(市村記念館)との共通券になっております。

  歴史民俗資料館より徒歩5分未満ですので、お越しの際はぜひ旧近衛文麿別荘(市村記念館)へもご来館ください。

 

 

 

 

 

 耐震補強等工事を無事に終え、一部外壁塗装を新たにリニューアルオープンいたしました!

 館内には工事中の写真を一部展示し、どのような補強をしたのかを解説しています。

 

 

 

  旧近衛文麿別荘(市村記念館)は、歴史民俗資料館との共通券になっております。

   旧近衛文麿別荘(市村記念館)より徒歩5分未満ですので、お越しの際はぜひ歴史民俗資料館へもご来館ください。

 

 

 

 

 町内には他にも通年開館施設として、堀辰雄文学記念館や追分宿郷土館、旧三笠ホテルなどがございます。

 各文化施設をめぐるお得な共通券もありますので、暖かな日差しの下で、文学散歩をしてみてはいかがでしょうか。

 

 皆さまのご来館をお待ちしております。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 生涯学習課 歴史民俗資料館
電話番号:0267-42-6334
電子メール:shiryoukan(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。