このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

堀辰雄文学記念館だより

2019年10月21日 更新

O(オー)村だより 第15号 (令和元年10月)

 台風19号により被災された皆様にはお見舞い申しあげます。

 当館では、建物等に被害はありませんでしたが14日まで停電により臨時閉館となりました。天候が回復した以降にご来館いただいたお客様には大変お迷惑をおかけしました。

 

 15日(火)からは通常どおり開館しておりますので、紅葉の始まった軽井沢へお越しの時には、ぜひご来館ください。

 

 

 さて、当館に今年も大勢の保育園児の皆さんが遠足に来ました。

 園児の皆さんの元気で明るい笑顔に包まれて、堀辰雄と多恵も園児さんたちの来訪を、きっと微笑ましく見守っていることと思います。

 hoikuen1旧宅を見た園児さんが「お家大きいね」と一言

 hoikuen2青空の下で元気いっぱい!

 

 「秋の講演会」を開催します

 町広報や町ホームページでもお知らせいたしましたが、恒例の「秋の講演会」を開催します。

 「文学の秋」のひと時に堀辰雄に親しんでいただければと思います。

 

    日時  令和元年10月26日(土) 13時30分から15時まで

    講師  竹内 清己 氏(東洋大学名誉教授、東洋学研究所客員研究員)

    演題  「信濃路にみる<恋‐愛>のメモリー  堀辰雄/看取りの結婚者」

    場所  追分公民館(軽井沢町大字追分523)

        ・堀辰雄文学記念館ではありません。

 

 聴講料は無料です。

 駐車場は、堀辰雄文学記念館駐車場、追分宿駐車場、または泉洞寺様駐車場を利用してください。

 東洋大学(東洋大学講師派遣事業)による共催です。

 

 

 

O(オー)村だより 第14号 (令和元年9月)

 9月となり当館の庭のニシキギが色づき始たり、ミナヅキが満開になったりと秋の気配が感じられます。

  nishikigi色づき始めたニシキギ

  minazuki満開のミナヅキ

 

 ナイトミュージアムで朗読会

 8月23日の18時~20時までナイトミュージアムを開催しました。

 当日は館内の灯りを少なくし、ランプシェードやカンテラの灯りの下で、軽井沢朗読ボランティア「オオルリ」の皆さんによる朗読会も同時開催しました。

 通常では夜間に電気の点灯がない堀辰雄旧宅や書庫にも電球の灯りがともり、堀辰雄が生きていた時にはこのような感じに灯りがあったのかもしれないなどと思ったりもしました。

  night照明を落として展示棟で朗読しました

  kyuutaku久しぶりに夜の灯りがともった堀辰雄旧宅

 

 

 

O(オー)村だより 第13号 (令和元年8月)

 今年の夏も軽井沢では暑い日が続いて、当館の周辺ではミンミンゼミが盛んに鳴いております。

  hori夏を迎えた堀辰雄旧宅と堀多恵旧宅

 

緑陰講座を開催しました

 8月10日、11日の二日間に毎年恒例の「緑陰講座」を開催しました。

 

 8月10日には、金沢大学名誉教授で室生犀星記念館(金沢市)館長の上田正行先生から、金沢を訪問した時の芥川龍之介と室生犀星との交流についてご講演いただきました。

  uedaueda2

                 上田先生のご講演の様子

 

 8月11日には、堀辰雄養女の菊地和世先生、(公財)日本近代文学館副理事長の池内輝雄先生から、軽井沢での芥川龍之介、室生犀星、堀辰雄についてご講演いただきました。

  kikuchiikeuti

            菊地先生と池内先生の対談で行いました。

 

 

 両日とも椅子を追加で並べるほどに、多くの方にご参加いただきありがとうございました。

 お寄せいただいたご意見をもとに、今後も多くの皆様が参加いただける「緑陰講座」を開催したいと思います。

 10月下旬には「秋の講演会」を開催予定です。詳細が決定次第お知らせいたします。

 

 

 

O(オー)村だより 第12号 (令和元年7月)

 軽井沢町内もようやく夏を迎え、当館では園庭のやまゆりが咲き始めました。

    yamayuriこれからやまゆりが盛んになります

 

特別企画展を現在開催中です

 今年は堀辰雄の師である室生犀星先生が生誕130年を迎えます。

 これにあわせて、室生犀星生誕130年特別企画展「師弟を超えた交流 -室生犀星と堀辰雄-」を開催中です。

 室生犀星、妻とみ子と堀辰雄、多恵との交流を中心として、書簡・書籍や写真を展示しており、特に室生犀星の自筆原稿や堀辰雄葬儀時の室生犀星弔辞などは、現物を特別展示しております。

 現物展示は期間を設けてとなりますので、夏休み期間中は当館へご来館ください。

    saisei犀星先生の自筆原稿など展示中

 

 

 なお、毎年恒例の「緑陰講座」も特別企画展にあわせて、堀辰雄文学記念館で開催します。

 〇第1回 と き 令和元年8月10日(土)

          午前10時30分から午前11時30分まで

      講 師 上田正行 氏(金沢大学名誉教授、室生犀星記念館(金沢市)館長)

      演 題 金沢の芥川龍之介

 

 〇第2回 と き 令和元年8月11日(日・祝)

          午前10時30分から午前11時30分まで

      講 師 池内輝雄 氏((公財)日本近代文学館副理事長)、

          菊地和世 氏(堀辰雄養女)          

      演 題 軽井沢と三人の作家 -室生犀星・芥川龍之介・堀辰雄-

 

 ※申し込み、問い合わせは堀辰雄文学記念館へ

 

 

  

 

O(オー)村だより 第11号 (令和元年6月)

 軽井沢町内や当館の園庭も木々の緑が色濃くなりました。

 当館アプローチの堀辰雄が師匠の室生犀星先生から新築祝に頂いたモミジやカエデが、目に鮮やかに映えています。

   midoriモミジやカエデの緑がきれいです

 

5月26日(日)に野いばら講座を開講しました

 堀辰雄の命日(5月28日)を偲んで「野いばら講座」を開講しました。

 今年は企画展にあわせて、堀辰雄作品の『大和路・信濃路』について、近畿大学法学部講師の高橋梓先生から「堀辰雄『大和路・信濃路』に受け継がれるマルセル・プルーストの美学」と題して、ご講演をいただきました。

 多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。

 高橋先生には、講座前日にも学会に参加されるなどのお忙しい中を、大変貴重なご講演をいただきありがとうございました。

   takahashiご講演中の高橋梓先生

   kouen多くの皆様にご参加いただきました

 

 参加された皆様からは「プルーストを読んだことはないが、これを機会に読んでみたい。」「堀辰雄の文学を様々な視点から考察する楽しみができた。」等々、数多くのお声をいただきました。貴重なご意見をいただきありがとうございます。

 今年度も8月に「緑陰講座」、10月に「秋の講演会」を計画しております。多くの皆様が参加いただけるように開催したいと思います。

 

 

 

O(オー)村だより 第10号 (令和元年5月)

 新しく「令和」が始まりましたが、「平成」を振り返って皆様にはどのように思われたでしょうか。

 4月27日からの大型連休中は、多くの皆様にご来館いただきありがとうございました。

 軽井沢町内も新緑が美しくなってきました。当館の園庭にある木々の青葉が映えてきましたので、ぜひご来館ください。お待ちしております。

   sakurasou園庭のさくら草が咲き始めました

 

「朗読会」を開催しました

 5月4日(土・祝)に、軽井沢図書館ボランティア「オオルリ」の皆様による朗読会を開催しました。多くの皆様にご来場いただきありがとうございます。

 「オオルリ」の皆様には、『麦藁帽子』『美しい村』から「夏」『木の十字架』を朗読いただき、ありがとうございます。

 

 ご来場のお客様から「目を閉じて聞いていると、作品の情景が浮かぶようだった」「連休中に見学に来たら、ちょうど朗読会が行われていてよかった」などのお声をいただきました。

 

 今後も多くの皆様が参加いただけるような「朗読会」を開催したいと思います。

   roudokukai朗読会の様子

     roudokukai2皆さんのご来場ありがとうございます

 

 

 

O(オー)村だより 第9号 (平成31年4月)

 4月を迎えて、いよいよ「平成」最後の月となりました。来月からは「令和」が始まります。

 寒い日がまだありますが、軽井沢でもようやく春の気配が感じられるようになりました。

 大型連休前の静かな軽井沢と当館へ、ぜひお越しください。

   umenohana旧宅前の梅の蕾がようやく膨らみました

 

「朗読会」を開催しました

 3月24日(日)には、軽井沢図書館ボランティア「オオルリ」の皆様による朗読会を開催しました。多くの皆様にご来場いただきありがとうございます。

 「オオルリ」の皆様には、企画展にあわせて『大和路・信濃路』から「十月」「古墳」「死者の書」を朗読いただきありがとうございます。

 

 ご来場のお客様から「朗読に合わせて、模造紙の散策マップを指し示したり、寺院や仏像を見せたりしていたから、寺院の位置関係などがわかって良かった」「堀辰雄作品の朗読は、あまり開催されていないので、今後も開催してほしい」などのお声をいただきました。

 

 今後も多くの皆様が参加いただけるような「朗読会」を開催したいと思います。

   roudoku朗読会の様子

 

企画展 堀辰雄と旅 -大和路編- 開催中

 3月にもお知らせしましたが、堀辰雄文学記念館では春の企画展を3月14日から6月16日まで開催しています。 

 企画展タイトルにありますように、堀辰雄が取材のために訪れた奈良方面への旅について、写真、書簡、書籍などを展示しています。

 

 また、新元号の「令和」は『萬葉集』からの出典となりましたが、堀辰雄も『萬葉集』に関する数多くの蔵書があります。

 新元号の発表に合わせて、堀辰雄の蔵書から『萬葉集』の展示も始めました。

 

 ぜひご来館いただき、堀辰雄の世界を感じていただければと思います。

   manyousyuu令和の出典元もご覧いただけます

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 生涯学習課 堀辰雄文学記念館
電話番号:0267-45-2050
電子メール:horikinen(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。