このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

祝婚歌(平成30年7月1日)

2018年7月1日 登録

 「二人が睦まじくいるためには、愚かでいるほうがいい、立派すぎないほうがいい、立派すぎることは長持ちしないことだと気付いているほうがいい…」

 この詩は東北の詩人・吉野弘作の「祝婚歌」です。結婚式等で良く紹介されますので、皆様も一度や二度お聞きになられたことと思います。私も、新郎新婦に贈る言葉として度々紹介します。二人の門出に、これ以上、相応しい言葉はないのではないかと思います。

 「互いに非難することがあっても、非難できる資格が自分にあったかどうか疑わしくなるほうがいい…」

 我が家を振り返っても、相手の立場を顧みず、自分の正当性を主張して互いに気まずくなってしまうことが少なからずあります。皆様はいかがでしょうか。

 この詩を読み返すたびに、人間の愚かさ弱さを痛感させられます。

 「正しいことを言うときは少しひかえめにするほうがいい、正しいことを言うときは相手を傷つけやすいものだと気付いているほうがいい…」

 家庭に限らず、社会における人間関係も同様で、この詩の言葉をかみしめて接していきたいものです。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民課
電話番号:0267-45-8540
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:juumin(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。