このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

G20 関係閣僚会合について

2019年4月1日 登録

 

 

 

 

2019年6月15日(土曜日)・16日(日曜日)、G20 関係閣僚会合のうち、持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合が軽井沢町で開催されることになりました。2016年に開催されたG7 交通大臣会合の経験も活かしながら、最高のおもてなしで各国の方々をお迎えするため、長野県とともに準備を進めてまいります。

このページでは、会合開催決定からの軽井沢町の出来事を順次お知らせしていきます。

 

 G20 サミットとは、「金融・世界経済に関する首脳会合」のことで、G7(フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、欧州連合(EU)に加え、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、メキシコ、韓国、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ(アルファベッド順)の首脳が参加して毎年開催される国際会議です。G20 サミットには、メンバー国以外にも、招待国や国際機関などが参加しています。

G20 サミットの日本開催は2019年が初となり、首脳会議のほかに8つの関係閣僚会合が開催されます。なお、G20 サミットについて、さらに知りたい方は、外務省のホームページなどをご覧ください。 

 

 

G20大阪サミット公式ホームページ

(クリックすると外部サイトが開きます。)

 

G20関係閣僚会合長野県推進協議会公式WEBサイト

(クリックすると外部サイトが開きます。)

 

 

 

第2回おもてなし研究シンポジウムが開催されます。

 

            

     詳細はこちら(チラシ1.チラシ2)を御覧ください。

 

 

 

 

3月28日 手作りの歓迎横断幕を設置

 軽井沢中学校美術部の生徒が制作した歓迎横断幕を中学校のフェンスに設置しました。道路から見える場所に設置したので、通過する車や列車の乗客にもG20関係閣僚会合の開催をアピールしています!

                 

 

 

3月17日 軽井沢こどもG20サミット

 町内の私立国際高校「UWC ISAK JAPAN」の生徒有志らが企画・運営した学生たちによるイベントが軽井沢プリンスホテルで開催されました。

         

 こどもサミットは、小中学生と高校生の部に分かれて環境エネルギー問題をテーマに討議し、それぞれ最後に決議書を採択しました。

          

 当日は、こどもサミット以外にも、だれでも気軽に参加できるワークショップやハーバード大学の学生で留学フェローシップ理事長の高島さんによるゲストスピーチもおこなわれ、大変有意義なイベントになりました。

 

           

 

 

3月7日 開催100日前記念イベント

 G20関係閣僚会合の開催100日前を記念したイベントを軽井沢駅で開催しました。

                

 このイベントは町民会議と長野県推進協議会の主催で、来賓として経済産業省と環境省の幹部も出席し、低照度で発電可能な太陽電池を使用したカウントダウンボードなどがお披露目されました。

 

                

         軽井沢中学校の生徒が作成した「歓迎横断幕」お披露目

 

                

         浅麓水道企業団が製作した「G20ウォーター」お披露目

 

             

         町民会議「おもてなし宣言」発表

 

              

       「カウントダウンボード」お披露目

 

 

2月19日 第2回 町民会議を開催

 G20関係閣僚会合開催まで4か月を切り、まもなく開催100日前を迎えることから、町中央公民館で第2回町民会議を開催して、今後の事業などを話し合いました。また、G20ウォーターの提供で「浅麓水道企業団」、開催記念商品発売による機運醸成で「白樺堂」、デザイン等の協力で「ビームス」が、「応援企業」に認定されました。この日はほかにも、G20関係閣僚会合版の「おもてなし宣言」を採択しました。

                

 

 

2月15日 地元の高校生がロゴマークを制作!

 軽井沢高校美術部(通称カルビ)の部員が地元限定のロゴマークを制作し、その完成報告に藤巻町長を表敬訪問しました。

 ロゴマークは「G20」の文字を軽井沢町の象徴でもある浅間山の形で表現しており、さらに「ゼロ」の内側の台形部分では離山を表現しています。なお、G20関係閣僚会合で話し合われる重要議題を乗り越えるという意味で「ひとやまこえろ」をコンセプトに制作したそうです。 

       

     町民会議では、今後、様々なPR用品などに活用させていただきます!

 

 

2月14日 民間のG20開催記念商品が完成!

 軽井沢町内の老舗のジャム・菓子製造「白樺堂」さんが、G20関係閣僚会合開催記念どら焼きとジャムをつくり、その報告のために藤巻町長を表敬訪問しました。この商品は、従来からある太陽光発電で製造した商品のラベルや包装を開催記念バージョンとして一新したもので、2月15日から販売がスタートします。

 環境にやさしい持続可能な商品で会合の趣旨ともマッチしており、国の公式ロゴマークも付いていますので、町内の機運醸成に一役買ってくれそうです!

        

 

 

12月20日~23日 国際カーリング大会でのPR

 軽井沢アイスパークで、「軽井沢国際カーリング選手権大会 2018」が3日間の日程で開催され、熱戦が繰り広げられました。

 会場内で、来年のG20関係閣僚会合のPRと外国語パンフレットを設置したところ、大変好評でした。

      

 

 

11月30日 PR用クリアファイルとピンバッジが完成

 G20「持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」の開催機運の醸成および各種イベント等でPRするため、クリアファイルとピンバッジを作成しました。ポスターと統一したデザインに仕上がりました。  

        

  

 

11月23日 クリスマス・マルシェでG20各国のスイーツを振る舞う

 町内の私立国際高校 UWC ISAK JAPAN の生徒らが、軽井沢ウインターフェスティバル、クリスマス・マルシェに出店し、G20参加国にちなんだ菓子などを振る舞いました。

 この取り組みは、G20の開催を通じて異文化理解を深めたいと ISAK の生徒みずからが企画。3日間かけて放課後に準備(調理)して当日の開催にこぎつけました。当日は ISAK のブースに人だかりができる人気ぶりでした。

      

    ~当日の様子~ みんなで作ったお菓子は大盛況でした!!

 

      

          ~マルシェ出店前日・準備の様子~

          中央公民館の調理室にて、各国のお菓子作りをみんなで役割分担。

 

 

 11月22日 小学生記者が外国人へインタビュー

 軽井沢中部小学校4年1組の生徒27人が、G20関係閣僚会合の開催をきっかけに、町を訪れている外国人のことをもっと理解し、取り組みを通じて軽井沢町の魅力についても再確認するため、町内の大型商業施設で外国人にインタビューを行いました。

    (…少し緊張しちゃったかな?)

 

 インタビューの内容は、名前や出身地、訪問理由と軽井沢の好きな場所など。生徒たちは、外国人観光客が様々な国からいろんな理由で当町を訪れていることを知り、驚いていました。

 

 

11月19日 第2回機運醸成イベントを開催 (チラシ1.チラシ2

 

 

      

 

 今月27日がG20関係閣僚会合開催200日前にあたることから、「世界級のリゾートのおもてないしと環境への取組み」をテーマに、会合開催に向けた第2回機運醸成イベントを開催しました。会場となった中央公民館には約100名が参加して、講師の先生方の話を熱心に聴講していました。

 最初に、環境省信越自然環境事務所の職員より、エコツーリズムとプラスチック・スマートに関する情報提供をしていただきました。

   

 

 第1部講演では、人とホスピタリティ研究所所長の高野登さんが、観光地とリゾート地の違いや、古くて新しいものだけが時代を超えて残っていくという旨のお話をされました。

 また、来年の会合に参加される方々は、世界の一流を経験してきている人たちなので、高い評価を得るためには、今からしっかりと準備しなければならない、といった助言もいただきました。

      

 

 第2部講演では、上高地帝国ホテル副総支配人の浅野功さんが、最高のサービスを50年、100年先へつないでいくためには、環境への配慮が不可欠という旨のお話をされました。

       

 

 10月17日 小・中学校でもG20給食がスタート! 

 町内の小・中学校でもG20給食が始まりました。初回のメニューは中国編で、よだれ鶏、春雨スープ、きゅうりの中華和えでした。初めて耳にする料理もありましたが、ほとんどの子どもたちは、出されたメニューをおいしそうに完食していました。

             

 

10月15日 保育園でG20給食がスタート!

 子どもたちに食を通じてG20関係閣僚会合の開催を身近に感じてもらう取り組み【G20給食】が、町内4保育園でスタートしました。初日の今日は「インド編」のカレー。園児たちから「いつものカレーよりおいしいい」との声が聞かれました。今後どんなメニューが提供されるか楽しみですね。                                                                            

         

 

10月1日

 観光経済課より職員1名が資源エネルギー庁(経済産業省)へ出向となる。

 

9月30日 信州アフターDCクロージングイベントでのPR

 佐久地域振興局、立科町および軽井沢町がJR軽井沢駅の新幹線改札前で行った、信州アフターデスティネーションキャンペーン・クロージングイベントの中で来年のG20関係閣僚会合開催をPRしました。お客さんの関心は、秋に開催されるイベントとG20が高かったようです。  

    

 

9月29日 「軽井沢フェスティバル」茨城開催でのPR

 茨城県水戸市で行われた誘客イベント「軽井沢フェスティバル」で、軽井沢の観光や農業振興に加えて、来年開催されるG20関係閣僚会合をPRしました。

   

 

9月28日 ポスターが完成!

 町民会議の役員らによる投票で決定した、G20関係閣僚会合PR用ポスターが完成しました。今後は、軽井沢町内はもちろん、長野県内の県推進協議会関連施設等にも設置されます。また、機運醸成用の懸垂幕も日程を追加してリニューアルし、町内3箇所に設置しました。

         

           庁舎内ポスター設置                              役場庁舎

    

             観光振興センター          風越公園入口

 

8月28日 学校おもてなし宣言を締結

 町内すべての小・中・高校と、UWC ISAK JAPAN の代表が集まり、G20関係閣僚会合に関する「おもてなし宣言」を締結しました。宣言には、環境美化活動への協力や、G20参加国の文化などを学習することが盛り込まれており、「私たちに何が出来るか」を考えて積極的に取り組むことも確認されました。

        

 

8月21日 ノベルティー第1弾 ポストカード

 主に海外でのPRを目的とした、ノベルティグッズ第1弾のポストカードが完成しました。四季折々の軽井沢の写真に「G20 KARUIZAWA」の文字を配置し、当町が国際会議も開催されるリゾート会議都市であることをPRしています。

   

 

 8月19日・20日 第1回機運醸成イベントを開催

 19日がG20関係閣僚会合開催300日前にあたることから、会合の開催に向けた第1回機運醸成イベントを中央公民館で開催しました。町民会議のメンバーである軽井沢ガイドサービスの永島さんが講師を務め、「2018年アルゼンチンG20エネルギー大臣会合を学ぶ」と題して、テキストを用いながら、今年アルゼンチンのバリローチェで開催されたエネルギー大臣会合について学びました。
2日間で地元の高校生5名を含む約50名が参加して、自分たちの町で開催される国際会議に当事者意識を持つことが大切なことや、会場となったバリローチェが軽井沢町のような高原リゾートだったこともわかり、後半は、軽井沢町の歴史や文化を英語で紹介する際の文章も学習するなどして、来年6月の会合に想いをはせていました。

               

 

 8月6日 ISPNO 2020 役員の皆さんが来庁

 2020年の6月に軽井沢町で開催される国際小児脳腫瘍シンポジウム(ISPNO)の役員の皆さんが藤巻町長との面会のために来庁しました。
今年デンバーで開催された会議への協力に対するお礼に加え、G20関係閣僚会合の翌年に開催される大規模な国際会議を成功に導くための様々な意見交換をいたしました。

   ISPNO役員来庁写真   

 

7月28日 さわやか軽井沢交流会でのPR

 軽井沢アイスパークで開催された「第7回さわやか軽井沢交流会」で、来年のG20関係閣僚会合開催をPRしました。当日はあいにくの雨天でしたが、講演会や真夏のカーリング体験、ミニコンサートなどがあり、大勢の来場者で賑わっていました。

          
 

7月11日 G20 長野県推進協議会設立総会

 軽井沢町に続き、長野県の官民連携組織も設置され、藤巻町長と土屋会長が出席しました。

 いよいよ開催に向けた準備が本格的にスタートします。

       

 

7月6日 第1回 町民会議

 来年6月に開催されるG20 関係閣僚会合に向けた、軽井沢町内の官民連携組織「G20 関係閣僚会合軽井沢町推進町民会議」が発足しました。

 町民会議は37団体で構成され、軽井沢リゾート会議都市推進協議会の土屋芳春氏が会長に就任しました。会議では、事業計画や予算の承認のほか、積極的な意見交換が行われ、委員の皆さんから出された意見を取り入れながら、今後の事業を展開していくことになりました。

   写真    

 

5月22日 開催日程が決定

 G20 関係閣僚会合の開催日が、2019年6月15日(土曜日)・16日(日曜日)に決定しました。

 

5月15日 KRCC総会

 軽井沢町の宿泊施設などで構成される、軽井沢リゾート会議都市推進協議会(KRCC)が総会を開き、G20 関係閣僚会合への協力を盛り込んだ事業計画が承認されました。

 

5月1日 担当職員を配置

 G20 関係閣僚会合の開催決定を受け、観光経済課に専任職員2名を配置しました。

 

4月10日 役場庁舎に懸垂幕を設置

 G20 関係閣僚会合の開催決定を歓迎し、役場庁舎に懸垂幕を設置しました。

        懸垂幕

 

2018年4月2日 G20 関係閣僚会合開催決定

 持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合の開催が軽井沢町に決定しました。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

観光経済課 G20関係閣僚会合担当
電話番号:0267-46-9066
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:g20karuizawa(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。