このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

堀辰雄文学記念館だより

2018年11月1日 更新

O(オー)村だより 第6号 (平成30年11月)

 当館の園庭も紅葉真っ盛りとなりました。

 堀辰雄が師匠の室生犀星先生から頂いたモミジとカエデ、堀多恵が植えたカラマツ等々が、色濃くなっています。

 軽井沢の秋をぜひお楽しみください。

     momiji室生犀星先生から頂いたモミジとカエデ

 

 10月21日(日)に「秋の講演会」を開講しました

 今年は、堀辰雄文学記念館開館25周年の一連として、堀辰雄について、早稲田大学大学名誉教授、日本近代文学館専務理事 中島国彦先生からご講演いただきました。多くの皆様にご聴講いただきありがとうございます。

 中島先生には、学会のお忙しい時期に当館のためにご講演頂きました。堀辰雄が聞いていたレコードのCDや書籍や絵を使われての貴重なご講演をいただきありがとうございます。

 

 ちなみに講演会場の追分公民館は、堀辰雄と交流のあった立原道造と設計会社で一緒に勤めていた武元雄氏によるものです。

 そのため、堀辰雄と立原道造を偲びながらの講演を、毎年秋に開催しております。

 講演会場として提供していただく追分区の皆様には感謝申しあげます。

       kouen多くの皆様にご来場いただきました

     kouen2ご講演中の中島先生

 

 参加者の皆様から「堀辰雄と音楽や芸術の関連がわかった。」「今日の講演を聞いたことを参考に堀辰雄の作品を読み直したい。」等々、数多くのお声をいただきました。貴重なご意見を多数いただきありがとうございます。

 今後も多くの皆様が参加いただけるように「秋の講演会」を開催したいと思います。

 

    

 

O(オー)村だより 第5号 (平成30年10月)

 軽井沢でも木々の葉が赤色や黄色に色づき始めました。

 

 当館に大勢の保育園児の皆さんが遠足に来ました。園児の皆さんが元気なあいさつをして明るい笑い声に包まれた一日でした。

    hoikuen元気いっぱいの園児さんたち! 

    hoikuen2堀辰雄旧宅の前で記念撮影

 

 「秋の講演会」を開催します

 町ホームページや町広報でもお知らせしましたが、恒例の「秋の講演会」を開催します。

 すがすがしい秋の一時に堀辰雄の世界を感じていただければと思います。

 

    日時  平成30年10月21日(日)13時30分から15時まで

    講師  中島 国彦 氏(早稲田大学名誉教授、日本近代文学館専務理事)

    演題  堀辰雄にみる「あこがれ」の構図 -美術と音楽との関わりから-

    場所  追分公民館(軽井沢町追分523)

        ・堀辰雄文学記念館ではありません。

 

 聴講料は無料です。

 多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 

 

 

O(オー)村だより 第4号 (平成30年8月)

 軽井沢でも今年の夏は暑い日が続いておりましたが、皆様にはお変わりなくお過ごしと思います。

 

 8月4日、5日の毎年恒例の「緑陰講座」を開催しました。

 8月4日には、堀辰雄と福永武彦について、金沢大学人間社会研究域准教授 飯島洋先生からご講演いただきました。

   ryokuin1飯島先生のご講演の様子

 

 8月5日には、堀辰雄・多恵の夫婦像や新発見書簡について、堀辰雄養女 菊地和世先生、(公財)日本近代文学館副理事長 池内輝雄先生からご講演頂きました。

    ryokuin2池内先生と菊地先生の対談で行いました

 

 

 両日とも暑い日ではありましたが、多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。

 10月下旬には「秋の講演会」を開催予定です。詳細が決定次第お知らせいたします。

 

新発見資料公開中!

 当館では開館25周年特別企画展「堀辰雄の世界 -堀辰雄・多恵の結婚80年によせて-」を開催中です。

 『聖家族』『風立ちぬ』などの堀辰雄作品、芥川龍之介や志賀直哉や中原中也からの献呈本、『風立ちぬ』のモデルとなった矢野綾子の描いた油絵、などを展示しております。

 また、堀辰雄が旧制高校や帝国大学時代に読んでいた書籍を堀家(菊地家)から収蔵し、初公開しております。

 

 特に、新発見資料として、堀辰雄との結婚前に多恵から辰雄に宛てた書簡4通を特別展示中です。結婚前の多恵の心情が記載されている第一級資料となりますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

O(オー)村だより 第3号 (平成30年6月)

 堀辰雄文学記念館の周辺では、ヤマボウシの花が満開となりました。

 

 5月27日(日)には、堀辰雄の命日にちなんで「野いばら講座」を開講しました。

 今年は、堀辰雄が多大な影響を受けた師である芥川龍之介について、フェリス女学院大学名誉教授 宮坂覺先生からご講演いただきました。多くの皆様にご聴講いただきありがとうございます。

 宮坂先生には、中国の上海大学等々で芥川龍之介のご講義後に帰国されたばかりのお忙しい時期に、当館のためにご講演頂きました。貴重なご講演をいただきありがとうございます。

   kouenご講演中の宮坂覺先生

   kouenn2多くの皆様にご参加いただきました

 

 参加された皆様からは、「深いご研究の中から湧き出るお話が大変面白かった。」「芥川作品の魅力が伝わってきた。」等々多くのお声をいただきました。貴重なご意見をいただきありがとうございます。

 今後も多くの皆様が参加いただけるような「野いばら講座」を開催したいと思います。

 

 

 

O(オー)村だより 第2号 (平成30年5月)

 風薫る5月となりました。

 堀辰雄文学記念館旧宅前の藤の花が、例年よりも早くに満開となりました。これから白い藤の花も咲き始めます。

 また、軽井沢町内は、きれいな新緑となっております。旧中山道から当館までのアプローチにあるモミジとカラマツもまぶしいくらいの新緑となりました。このモミジは堀辰雄が追分に住宅(現在の堀辰雄文学記念館旧宅です)を新築した時に、師匠の室生犀星先生からいただいたモミジです。また、カラマツはモミジに合せて堀多恵夫人が植えました。旧宅と年月を共に過ごしてきた木々もご覧ください。

 藤の花旧宅前の藤の花が満開です

モミジ新緑モミジとカラマツのきれいな新緑

 

初公開資料展示中

 O村だより第1号でお知らせしましたが、川端康成先生からの書簡を初公開中です。

 現在は、昭和29年4月13日付け 堀多恵宛ての書簡を公開中です。川端先生が『堀辰雄全集』(新潮社版)の函の背文字を書いた際の苦労や、映画『風立ちぬ』(昭和29年5月公開)のことなど、今回初めて分かったことが記載されてあります。

 5月24日には、川端先生の別な書簡に展示替え予定です。

 この機会にぜひご来館ください。

 

  

 

O(オー)村だより 第1号 (平成30年4月)

 堀辰雄の『物語の女』『菜穂子』にちなみO(オー)村だよりとして、今月から堀辰雄文学記念館のイベントなど色々なニュースをお伝えしますので、ぜひご覧ください。

 

 4月になり平成30年度が始まりました。

 堀辰雄文学記念館旧宅前の梅が満開となり、軽井沢町内も桜やこぶしが咲くなど遅い春を迎えたこの頃です。

    umenohana館庭の旧宅前にある梅の花

 

開館25周年企画展 堀辰雄とすばらしき文学者たち 開催中

 堀辰雄文学記念館は平成5年4月2日に開館し、多くの皆様に支えられて今年で開館25周年を迎えました。

 開館25周年記念の第一弾の企画展を3月15日から6月17日まで開催しています。

 企画展タイトルにありますように、堀辰雄が交流した多くの文学者たちについて、写真や書簡や書籍を中心に展示しています。

 堀辰雄へ宛てた横光利一のダイナミックな筆使いの書簡、立原道造の繊細な字体の書簡など多くの文学者を間近でご覧ください。

 特に今回は、川端康成からの書簡6通を初公開資料として、1通ずつ順次特別公開していますので、ぜひご来館いただき、文学者たちの息づかいを感じていただければと思います。

     kannnai館内の展示の様子

 

 また、堀辰雄文学記念館の入場券で、近くの追分宿郷土館へも入館できます。 

 堀辰雄文学記念館と追分宿郷土館のご見学後は、追分宿宿場散策もぜひお楽しみください。

 

 

 

 軽井沢町歴史民俗資料館・旧近衛文麿別荘(市村記念館)が4月から開館

 冬期休館中だった軽井沢町歴史民俗資料館と旧近衛文麿別荘(市村記念館)が4月1日から開館しました。

  資料館では、軽井沢の縄文時代から明治以降の別荘地として発展してきた現代までの歴史を関係資料により紹介しています。

 旧近衛文麿別荘は、耐震補強等工事が終了し、窓枠の色は工事の時に判明した南原に移築時の色に塗り直しての開館となります。建物内部を見学することができます。

 資料館と旧近衛文麿別荘は同じ離山公園内にあり、共通券で入館できます。

 こちらへもぜひお出かけください。

     siryoukan歴史民俗資料館展示室内

 

    【問い合わせ】歴史民俗資料館  電話:0267-42-6334(FAX兼用)

 

 室生犀星記念館は休館中です

 平成30年度は、旧軽井沢にある室生犀星記念館の改修工事を行うため休館となります。

 改修工事終了は、平成31年3月末の予定です。

 大変お手数をおかけしますが、リニューアルをご期待ください。

 

    【問い合わせ】生涯学習課文化振興係  電話:0267-45-8695

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 生涯学習課 堀辰雄文学記念館
電話番号:0267-45-2050
電子メール:horikinen(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。