このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

妊娠中・産後のお母さんをサポートします

2018年10月1日 更新

産前・産後ケア事業(妊産婦相談)

 軽井沢町では平成29年4月から産前・産後ケア事業を実施しています。

 妊娠中から産後に及ぶ、お母さんの心や体のケア、授乳のこと、お子さんの育児や発育・発達についての悩みはありませんか?助産師や保健師が相談に応じます。まずはお気軽に保健センターへお問い合わせください。

*利用できる方*

軽井沢町に住民票がある妊産婦

1歳までの乳児とその保護者

*相談内容*

・お母さんの心身の不調、悩み

・授乳指導

・育児相談、生活相談

・子どもの成長・発達 など

*場所*

・自宅(訪問)

・木もれ陽の里 保健センター

*費用*

無料

 

産後ケアショートステイについて 

 出産直後のお母さんとお子さんが病院等に宿泊して、心身のケアやサポートを受ける産後ショートステイの利用に対して費用の一部を助成します。

*産後ショートステイとは*

 出産されたお母さんとお子さんが自宅での生活をスムーズにスタートできるよう医療機関または助産院に宿泊し、心身のケアや育児のアドバイスが受けられます。

*利用できる方*

 申請日及び利用日当日に軽井沢町に住所を有する下記の(1)~(3)のいずれかに当てはまる生後90日までのお子さんとお母さん(ただし、お子さん・お母さんともに医療行為の必要がない方)

(1)   お母さん自身の体調不良があり育児に不安がある方

(2)   家族等から十分な支援が受けられない方

(3)   お子さんのお世話の仕方がわからない等の育児不安がある方

*利用できる施設*

・浅間南麓こもろ医療センター(小諸市)

・東御市立助産所とうみ(東御市)

 ※受け入れについては、町から施設へ確認をします。

 ※空き状況等により、希望通りの利用ができない場合があります。

*利用できる期間*

7日以内で希望する日数。ただし、利用を延長する場合は最長14日まで利用することができます。

*支援の内容*

(1)   お母さんの心身の健康管理及び生活面に関すること

(2)   乳房管理に関すること

(3)   沐浴や授乳等の育児に関すること

(4)   その他必要とすること

 

*利用の流れ*

1.利用申請

事前申請が必要です。木もれ陽の里内保健福祉課健康推進係(保健センター)へ申請してください。(窓口又は郵送)

【申請に必要なもの】

(1)   軽井沢町産後ケア宿泊型事業利用申請書

(2)   印鑑

2.面接審査

申請の際に面接をいたします。(窓口または電話にて)

3.利用の可否について

利用の可否について「軽井沢町産後ケア宿泊型事業利用承認通知書」又は「却下通知書」を 通知します。

4.利用の確認

産後ケア施設へ事前に連絡し、利用の詳細等について確認してください。

5.産後ショートステイ利用

母子健康手帳、軽井沢町産後ケア宿泊型事業利用承認通知書、利用施設から指定するものを持参してください。

退院時に、利用施設へ利用負担額(利用日数分の自己負担額)及び食費・おむつ代等(利用負担額に含まれないもの)をお支払いください。

 

※緊急で利用が必要な場合は、保健センターへご相談ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉課健康推進係(保健センター)
電話番号:0267-45-8549
FAX番号:0267-44-1396
電子メール:hoken(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。