このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

腸管出血性大腸菌O157に注意しましょう

2017年9月27日 登録

 腸管出血性大腸菌O157が例年より多く発生しています。家庭でも発生することがあるため、十分注意しましょう。また、予防することのできる菌でもあります。もう一度食中毒予防について考えてみましょう。

 

腸管出血性大腸菌O157とは

 大腸菌は家畜や人の腸内に存在します。ほとんどは無害ですが、腸管出血性大腸菌O157などいくつかのものは人に下痢などの消化器症状や合併症を起こします。

 感染するとおおよそ3日~8日の潜伏期をおいて頻回の水様便で発病します。さらに激しい腹痛を伴い、まもなく著しい血便となることがあります。激しい腹痛と血便がある場合には特に注意が必要です。これらの症状がみられた場合には合併症を引き起こしやすくなります。早めに医療機関を受診しましょう。

 

 

どうやって感染するの?

 腸管出血性大腸菌は、飲食物を介した経口感染です。人と話す、咳やくしゃみ、汗などでは感染しません。菌に汚染された飲食物を口にしたり、患者の糞便中の大腸菌が直接的または間接的に口に入ることで感染します。

 食品では井戸水、牛肉(ハンバーグ、ステーキ、牛タタキ、牛レバー刺し等)、シカ肉、サラダ、カイワレ大根、キャベツ、メロン、浅漬け、日本そばなど食肉以外の食品や食材からの感染も見つかっています。

 また、食品以外でも動物とのふれあいやハエ等の害虫からの感染も報告されています。

 

 

 予防するには?

  • 腸管出血性大腸菌は、加熱や消毒薬で死滅するので予防が可能です。
  • 食品の中心部まで75℃で1分間以上の加熱で死滅します。野菜の腸管出血性大腸菌を除菌するには、100℃以上の湯で5秒間程度湯がくと有効です。
  • 子どもと高齢者は特に腸管出血性大腸菌にかかりやすいことやその合併症がおこりやすいため、加熱不十分な食肉(牛タタキ、レアステーキ等)を食べるのは控えましょう。
  • 二次汚染を防ぐためにこまめな手洗いや使用する食具・食器・まな板・フキン・スポンジは十分に煮沸や消毒を行い、よく乾燥させましょう。
  • 下記のURLの食中毒予防のポイントを確実に実行し、腸管出血性大腸菌の感染を予防しましょう。

 【厚生労働省ホームページ 食中毒について】http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html

 

 

 

 

参考:厚生労働省ホームページ(腸管出血性大腸菌について、予防のための対策 など)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/daichoukin.html

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

保健福祉課健康推進係(保健センター)
電話番号:0267-45-8549
FAX番号:0267-44-1396
電子メール:hoken(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。