このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

創設100周年記念

第70回軽井沢夏期大学

2018年7月1日 登録

 軽井沢夏期大学は、大正7年に東京女子大学初代学長の新渡戸稲造先生と内務大臣の  後藤新平先生らによって創設され、戦前戦後は一時中断されておりましたが、昭和24  年に軽井沢町出身で早稲田大学教授の市村今朝蔵先生をはじめ、諸先生のご尽力により  再開され、本年で創設100周年、再開以来70回目を迎えます。今回は、下記の日程  で「中央と境界―後藤・新渡戸が向きあった世界―」をテーマとして開催します。

 

とき  平成30年8月2日(木)~8月4日(土)

会場  軽井沢町中央公民館大講堂(軽井沢町大字長倉2353-1)

講義日程

第1日目 8月2日(木)

日時 内容等
9時00分~ 開講式

午前の部

9時30分~11時50分

講師  立教大学名誉教授    

    老川 慶喜 先生

演題  「後藤新平と台湾の鉄道」

     ~台湾縦貫鉄道と汽車製造会社~

午後の部

13時00分~15時30分

講師  関西大学教授 

            北波 道子  先生

演題  戦後台湾の経済発展

     台湾の経済発展の軌跡とその意義

 

2日目 8月3日(金)

日時 内容等

午前の部

9時30分~11時50分

講師   札幌大学教授・元旭川市博物館館長                              

     瀬川 拓郎 先生

演題  アイヌと縄文

            ~日本文化の内なる縄文性

午後の部

13時00分~15時30分

講師   北洋銀行顧問 

     横内 龍三 先生

演題  北海道経済の回顧と展望

   ~「開拓・開発」から「地方創生」へ~          

 

第3日目 8月4日(土)

日時 内容等

午前の部

9時30分~11時50分

講師   多摩大学教授

     中庭 光彦 先生

演題  「大東京生活水利秩序の形成」

   ~首都圏水利秩序構築に向けた

               東京近代水道史~ 

午後の部

13時00分~15時30分

講師   北海道大学名誉教授

     越澤 明 先生

演題  首都東京をつくった後藤新平

     ~都市計画法誕生百周年と帝都復興~

英会話ゼミナール

上記の講演と併せて、英会話ゼミナールを開催します。

日時 内容

8月2日(木)・3日(金)

13時00分~15時30分

「初心・初級」と「中・上級」の2クラスで行います

講師  軽井沢町小中学校英語指導助手

会場  軽井沢町中央公民館

     

 

受講料はすべて無料です。

英会話ゼミナール参加希望者は、7月20日(金)までに電話等でお申し込みください。

昼食は各自でご用意ください。

会場施設内の「喫茶ひまわり」でも軽食(サンドイッチ)と飲み物が購入できます。

地図

イベント情報

開催日:2018年8月2日 から 8月4日
場所・時間等:
場所:軽井沢町中央公民館大講堂(軽井沢町大字長倉2353-1)
時間:午前の部9時から11時50分 午後の部13時から15時30分

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

【申し込み先】教育委員会 生涯学習課内 軽井沢夏期大学事務局
電話番号:0267-45-8695
FAX番号:0267-46-1152
電子メール:shogaigakushu(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。