このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

歴史民俗資料館 特別企画展のお知らせ

2018年7月6日 登録

明治150年関連施策

軽井沢の伝統工芸品~軽井沢彫~

 平成30年7月28日(土から10月14日(日)

 

 

 

 桜文様の鮮やかな彫りが美しい軽井沢彫は、町の特産品として多くの人に親しまれています。

 

 その歴史は明治時代まで遡り、訪れる外国人避暑客へ向けた洋風木彫家具のオーダーメイド販売が、軽井沢彫の始まりだと言われています。

 

 しかし、その木彫技術は軽井沢で生まれたものではありません。

 

 日光の職人によって、軽井沢に伝えられたものなのです。

 

 企画展では日光の職人が訪れた当時について解説するほか、日光の伝統を引き継いだ明治期の貴重な作品から、現代の新しい軽井沢彫、新しい日光彫までを幅広く展示しています。

  

 

 皆さまぜひお越しください。

 

 

 

 

関連イベント : 歴史民俗資料館文化講座

 

『軽井沢彫』

 

・講  師    堀川 正久 氏 (軽井沢彫家具組合長)

 

・日  時    9月1日(土)    13時30分から15時00分(予定)

 

・場  所    離山公園内 ギャラリー蔵

 

・定  員    30名程度(申込み不要)

 

・料  金    無料

 

 

 軽井沢彫とはどのように生まれ、進化していったのか。軽井沢彫の歴史や発展について、軽井沢彫家具組合長より講演いただきます。

  

 販売・製造の観点から見た軽井沢彫の姿に触れてみましょう。

 

 当日は職人による彫りの実演もあります。

 

 

 

 

『あなたの知らない奇跡的な軽井沢彫の世界』

 

・講  師    柴崎 雅寿 氏 (軽井沢ナショナルトラスト)

 

・日  時    9月30日(日)    13時30分から15時00分(予定)

 

・場  所    離山公園内 ギャラリー蔵

 

・定  員    30名程度(申込み不要)

 

・料  金    無料

 

 

 外国人避暑客が一夏を過ごす別荘、そこでは多くの軽井沢彫家具が生活を彩っていましたが、それらの家具は避暑を終え、どこへ運ばれたのでしょうか。

 

 軽井沢彫家具の行方を宣教師から紐解いてみましょう。

 

 遠く離れた九州に残る軽井沢彫の祭壇など、伝統工芸品の魅力をお話しいただきます。
 

 

 

 

『信州とあそぼ!ミュージアム・スタンプラリー2018』に参加中!

開催期間 : 7月14日から9月2日

 

 

 歴史民俗資料館は今年度も信州ミュージアム・ネットワーク事業に参加しています。

 

 町内の参加文化施設を巡るスタンプラリーを楽しめるほか、スタンプを集めると達成賞グッズが手に入ります!

 

 また、期間中は小中学生の入館が無料となります。

 

 皆さまのお越しをお待ちしております。

 

  

 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

イベント情報

開催日:2018年7月28日 から 10月14日

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 生涯学習課 歴史民俗資料館
電話番号:0267-42-6334
電子メール:shiryoukan(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。