このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

アメリカ映画二題(平成28年5月1日)

2016年5月1日 登録

  最近読んだ本の記述に、「米軍という組織は『窮地に陥った仲間を絶対に見捨てない』ことを至高の価値としている組織である。戦場で孤立した兵士を救うために出動した部隊が全滅するようなことがあっても『仲間を見捨てない』という組織文化は揺るがない。」とありました。(高坂哲郎著『世界の軍事情勢と日本の危機』日本経済新聞出版社)これを読んで、二つのアメリカ映画を思い浮かべました。

 一つは1998年公開の話題作「プライベート・ライアン」で、もう一つは最近まで上映されていた、「オデッセイ」です。「プライベート・ライアン」は、戦場で孤立したライアンという二等兵を救うために、部隊を組んで助け出すというものです。「オデッセイ」は、一人火星に取り残された宇宙飛行士を、やはり、救助隊を組んで助け出すというストーリーです。

 戦争映画、SF映画とそれぞれですが、たとえ一人であっても助け出すという文化でつながっています。それぞれ命をかけた仕事ですが、見捨てないという絆があってこそ、人はその使命に応えようとするのではないでしょうか。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民課
電話番号:0267-45-8540
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:juumin(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。