このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

民主主義のかたち(平成28年3月1日)

2016年3月1日 登録

 本州と四国には3本の橋が架かっています。建設当時、環境庁が自然環境保全審議会を立ち上げて、この橋の色を決めるべく協議を重ねました。

 しかし、何度開催しても決まらず、最終的には委員の一人である日本画家の東山魁夷さんの意見で決めたと言われています。管理者である本州四国連絡高速道路株式会社に確認したところ、決定はあくまで委員会においてしたということですが、複数の委員それぞれの主観で決めようとしても、決まらないのは容易に想像できます。そこで、著名画家の感性で選んでもらい、それを委員皆で決定した、ということになります。これはわたしの勝手な推測ではなく、以前に聞いた講演会での講師の話でもあります。

 民主主義とはプロセス(過程)と言われますが、最終的な色の選定は感性の優れた一人が行っても、その一人を皆が選べば、民主的な決定になります。皆がこの色、あの色と主張しても、決して良い結果が得られるとは限りません。この手法も民主主義の一つのかたちであると思います。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民課
電話番号:0267-45-8540
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:juumin(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。