このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

後期高齢者医療制度の保険料について

2018年4月1日 更新

 

後期高齢者医療制度では、加入する被保険者一人ひとりが保険料を負担します。

 

保険料のしくみ

 

保険料の額は、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」と、被保険者が等しく負担する「均等割額」を合計した金額となります。

 ★平成30年・31年度の保険料率について

一人当たりの保険料(年額)=所得割額「(前年の総所得金額-基礎控除額(33万円))×8.30パーセント」+均等割額(40,907円)

 

※実際の保険料額は100円未満を切り捨てます。

※保険料額の上限は62万円となります。

・平成28・29年度分の所得割率は8.30パーセントです。

・平成28・29年度分の均等割額は40,907円です。

 

保険料は患者負担を除き医療給付費の約1割となります。(残りは国、都道府県、市町村が負担する公費が5割、75歳未満の人が納める保険料から拠出される支援金が4割となります。)

 

保険料の軽減

所得が低い方は、保険料の均等割額が世帯の所得水準により9割、8.5割、5割、2割の軽減があります。

 

保険料軽減割合一覧
世帯内の被保険者と世帯主の前年の総所得金額等を合計した額 軽減割合
33万円以下の場合 世帯内の被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得なし)の場合 9割軽減
上記以外の方 8.5割軽減
33万円+(27.5万円×世帯の被保険者数)以下の場合 5割軽減
33万円+(50万円×世帯の被保険者数)以下の場合 2割軽減

 

制度加入前日に被用者保険(市町村国保・国保組合は対象外)の被扶養者であった被保険者は所得割額がかからず、均等割額が5割軽減となります。

保険料の納め方

保険料は長野県後期高齢者医療広域連合が賦課し、徴収は町が行います。

年額18万以上の年金を受け取っている方は、原則年金から保険料が天引きされます(特別徴収)。

ただし、次のいずれかに該当する方は、年金からの天引きではなく、納付書や口座振替でお支払いいただくこととなります。

  • 介護保険料と合わせた保険料額が年金額の2分の1を超える方。(一部の被保険者を除き、老齢基礎年金額を参照します。)
  • 介護保険料が年金天引きされていない方。
  • 年度途中で75歳年齢到達及び他市区町村から転入された方。
  • 修正申告等により保険料額の変更がされた方。

 

なお、年金から天引きされている方は、申し出により口座振替による納付に変更することができます。詳細につきましては 後期高齢者医療保険料の特別徴収の変更について をご覧ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民課
電話番号:0267-45-8540
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:juumin(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。