このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

国民健康保険税の特別徴収について

2018年5月15日 更新

 法改正により、平成20年10月から下記用件の全てに該当する世帯の国民健康保険税は、その世帯主が受給している年金から特別徴収(年金からの引落し)により納付していただくことになりました。対象になる方については、事前に通知いたします。
 

 なお、特別徴収の用件に該当しない世帯については、今までどおり普通徴収(納付書または口座振替)により納付していただくことになります。

 

特別徴収となる要件

  1. 世帯主が国民健康保険の被保険者であること
  2. 世帯内の国民健康被保険者の全員が65歳から75歳未満であること
  3. 世帯主の特別徴収となる年金受給額(※)が18万円以上であること
  4. 世帯主の介護保険料と国民健康保険税の合計額が年金受給額(※)の2分の1以下の金額であること
  • 上記の要件すべてに該当する方は、4月、6月、8月、10月、12月、2月の年6回(年金支払い時)に年金から引落しされます。

 ※年金受給額とは老齢基礎年金部分の額となります。金額の詳細は日本年金機構へお問い合わせください。

 【関係法令】 地方税法第706条の2、3 地方税法施行令第56条の89の2

仮徴収 本徴収

4月

6月

8月

10月

12月

2月

当該年度の国民健康保険税が6月に確定するまで、仮の税額(通常、前年度2月の特別徴収税額と同額)で年金より引落します。 確定した国民健康保険税から仮徴収した税額を引いた額を3分割した金額で年金より引落します。

  • 年度途中で特別徴収になる方や普通徴収に変更となる方は、上記の方法によらない場合があります。

 

特別徴収または普通徴収による納付方法が選択できます

国民健康保険税を年金から特別徴収により納付していただくことになっている世帯のうち、下記の要件に該当する世帯の方は申し出により、金融機関の口座振替による普通徴収で納付していただくことが可能となりました。

 

申し出該当要件

  • これからの国民健康保険税を口座振替により滞納なく納付いただける世帯

申し出について

  • 印鑑をお持ちください。
  • 上記2において新規に口座振替をされる場合には、事前に金融機関の窓口にて国民健康保険税の口座振替の手続きを行っていただき「納税者保管用」の用紙もお持ちください。以前口座振替により納付していた世帯は、改めて口座振替の手続きをする必要はありません。

※ なお、申し出の時期によっては、直近に支給される年金からの引落し中止の手続きが間に合わない場合がありますので、ご了承ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

税務課
電話番号:0267-45-8514
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:zeimu(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。