このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

私たちは忘れない 平成25年6月1日

2013年6月1日 登録

 東日本大震災から2年余が経過しました。津波に襲われた被災地の多くは、いまだ復興とは程遠く手つかずの状態です。このたびの震災にあたり、私は支援する側・受ける側双方の顔の見える関係を築くことが大切であるといろいろな場で訴えてきました。顔の見える関係とは、支援先を特定して進めることです。それによって、被災者が何を求めているかが明確になり、有効な支援ができるからです。

 去る4月16日に岩手県大槌町を訪問しました。大槌町はすでに町の社会福祉協議会で複数回の支援を行ってきましたし、全国社会福祉協議会から支援先として割り振られている町です。大槌の姿を目のあたりにすると言葉を失ってしまいます。360度何もありません。あるのは波に洗われ朽ちた町役場や中学校舎の残骸だけです。自分の町を一瞬にして失った大槌の皆さんの悲しみと苦しみは、私たちには想像することさえできません。そして復興には長い年月がかかります。町として、大槌の皆さんに心を寄り添って支援していきたいと思います。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民課
電話番号:0267-45-8540
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:juumin(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。