このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

高齢者福祉三原則 平成25年12月1日

2013年12月1日 登録

  • 「生活の継続性」
  • 「自己決定の尊重」
  • 「残存能力の活用」

 1982年に福祉先進国デンマークにおいて、高齢者福祉三原則が誕生しました。私は以前、町の身体障害者福祉団体の一員として会報編集に携わり、紙面を通して三原則を紹介してきました。

 この三原則は、今振り返っても色あせることなく、人間としての尊厳や生きる喜びの本質を追究して生まれたものであると感心させられます。「生活の継続性」では、福祉施設に入所しても、できるだけ今までの生活に近づけた配慮をする。「自己決定の尊重」では、家庭や施設、地域社会において周囲の人から一方的に与えるのではなく、高齢者自身が選択できる幅をできるだけ広くすること。そして「残存能力の活用」では、豊かな経験をいつまでも社会に生かすために制度等を整備する。いかにこれらを実現し精度を高めていくかです。

 すべての人が当事者であり支援者である高齢者福祉、それぞれの努力の先に豊かな老後が待っています。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民課
電話番号:0267-45-8540
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:juumin(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。