このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

歴史から学ぶ 平成26年2月1日

2014年2月1日 登録

 200年余の鎖国を敷いた江戸時代。その江戸も1853年のペリー来航によって、鎖国に終止符が打たれたことは広く知られています。しかし、日本が鎖国状態の中にあっても、世界の情報を入手していたことは、あまり知られていません。それは、交易のあったオランダの『オランダ風説書』によってもたらされたものです。日本へ向かうペリー艦隊の隻数や細かな内容も、把握していました。浦賀沖に黒船が現れての騒動はあったものの、徳川幕府には想定内であったわけです。

 欧米列強のアジア植民地化政策の矛先は、日本も例外ではありません。植民地化あるいは不平等条約を締結し、自国に有利な展開をもくろんでいました。世界情勢にうとく、無知と決めつけて、赤子の手をねじるように日本に不平等条約を迫る外国に対して、幕府高官は国際法の知識などで渡り合い、条約締結において、当時の状況下で不利な条件を最小限に食い止めました。アジア諸国が植民地化される中で、日本が独立を守れたのは、藩校や寺子屋によっての世界有数の教育力の高さや、鎖国しつつも世界情勢を把握し監視していた幕府他の努力あってこそのものであるわけです。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民課
電話番号:0267-45-8540
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:juumin(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。