このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

日本タンポポ、西洋タンポポ 平成26年8月1日

2014年8月1日 登録

 外来動植物の国内での繁殖が問題になっています。その中に、私たちが身近に接している植物としてタンポポがあります。タンポポには日本の在来種である日本タンポポ(関東タンポポとも呼ぶ)と外来種の西洋タンポポがあります。現在、見かけるのは繁殖力の強い西洋タンポポがほとんどで、日本タンポポは少なくなっています。私は、在来種を守りたいと言っても繁殖力の差で仕方ないと思っていましたが、ある時、タンポポに関する書籍を読んで驚き、考えが一変しました。それは、表土をブルドーザー等で改変した土地では容易に西洋タンポポ等の外来種がはびこりますが、もともと林や草地であった土地では繁茂しにくいということです。そこに生えているたくさんの種類の植物が共生していて、外来種を寄せ付けにくくなっているのです。自生植物が大切であることは、ここで私が言うまでもないことですが、タンポポの話は、その土俵となる土地の改変は必要最小限であるべきことを教えてくれています。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

住民課
電話番号:0267-45-8540
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:juumin(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。