このページの本文へ移動

Welcom to Town of Karuizawa

姉妹都市ウィスラー

2017年9月6日 登録

姉妹都市ウィスラー(カナダ)

 

● 約130年前から深い縁で結ばれていた軽井沢とカナダ

 

 軽井沢とカナダとの結びつきは、1886年、カナダ生まれの宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーが、布教の途中で立ち寄った軽井沢のさわやかな気候と美しい自然に感嘆し、軽井沢を避暑地として国の内外に広く紹介した約130年前より始まりました。

 それから、112年後の1998年、長野冬季オリンピックにおいてカーリング競技が初めて正式種目として軽井沢町で開催され、カーリングが盛んなカナダとの交流がますます深まりました。

 この二つの大きな結びつきが背景となり、1999年3月3日、軽井沢町と同じリゾート地として知られるウィスラー市と姉妹都市提携を結びました。

   

 

北米一のビッグリゾートウィスラー市

 

 ウィスラー市は、バンクーバーから約120キロメートルほど北上したところにある山岳リゾート。面積161.72平方キロメートル、標高668メートル、人口9500人の観光都市です。ウィスラー山(2182メートル)とブラッコム山(2284メートル)には、38余りのリフトと200ものスキーコースがあり、なかには全長11キロメートルを越えるロングコースもあります。雄大な白然景観を楽しみながら、スキーやスノーボード、スノーモービルなどのスポーツが楽しめる世界的ウィンターリゾートで、毎冬200万人を超すスキー客が訪れ、その規模は北米一のスケールを誇っています。
 夏は冷涼でしのぎやすく、避暑客が大勢訪れます。周辺には美しい湖沼や草原が広がり、リフトを乗り継げば珍しい植物や動物と出会うことも…。トレッキング、マウンテンバイク、ボート、ゴルフなど多彩なアウトドアスポーツが体験でき、冬に劣らず夏のウィスラーもとても魅力的です。

 また、ウィスラーは2010年バンクーバー冬季オリンピック/パラリンピックのスキー競技等の開催地となりました。
 

ウィスラー市の様子

 

さらなる交流を

  恵まれた自然を生かし、人と自然の共存、環境と調和したまちづくりを進めるウィスラーから学ぶべきところが多くあります。姉妹都市提携後、これまで町関係者及び民間団体の相互訪問や、2001年3月より毎年実施している学生のホームステイによる交換体験学習、その他様々な交流をとおして親交を深め、相互理解を深めてきました。平成28年度には、保健休養地130周年を記念してウィスラー市長が軽井沢町を訪れ、第5回さわやか軽井沢交流会においてウィスラー市の街づくりに関する講演をするとともに、軽井沢町民や別荘所有者との親交を深めました。(ウィスラー市長の講演内容を町ホームページに掲載しています。リンク先:姉妹都市ウィスラー市長による第5回さわやか軽井沢交流会講演) また平成29年度には、カナダ建国150周年を記念し軽井沢町長と軽井沢町議長がウィスラー市長を親善訪問し、ウィスラー市での祝賀行事に参加したり、ウィスラー市と軽井沢町の街づくりについて意見交換を行いました。 今後も、これまで築いてきた友好交流を基に有意義な交流を引き続き進め、互いに高めあい学び合う関係を築いていきます。

 

軽井沢での交流の様子

トムソーヤクラブの小学生と飯盒炊飯を

するウィスラー市の生徒たち

(平成2810月)

ウィスラーでの交流の様子

オリンピックプラザでスケートをする

軽井沢中学校とウィスラー市の生徒たち

(平成29年3月)

カナダデーパレード

カナダデーパレードに参加しウィスラー

市民や観光客に歓迎される藤巻町長(左)

および市村議長(右)

(平成29年7月)

第5回さわやか軽井沢交流会におけるウィスラー市長講演

 保健休養地130周年を記念し第5回さわやか

軽井沢交流会において講演するウィルヘル

ム‐モーデン ウィスラー市長

(平成28年7月)

 

 

位置図

 

ウィスラー市の位置図

 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策課
電話番号:0267-45-8504
FAX番号:0267-46-3165
電子メール:sogoseisaku(アット)town.karuizawa.nagano.jp
備考:メール送信時はE-mailアドレスの(アット)を半角@に変換してから送信下さい。